« 富士山5合目 | トップページ | Attack!299 »

2008年7月21日 (月)

生かさず殺さず

いきなり物騒なタイトルではある。師匠の丸山林道に関するお言葉である。

曰く、「丸山林道の勾配は、(サイクリストを)生かさず殺さずなんだよなあ。あの勾配がイイんだよ。やみつきになる。」とのこと。もとより坂(登りに限る。)好きの師匠の言葉であり、当方には決して当てはまらないが、久々に登ってみることにした。

まずは、4時に起床。暗い。二度寝。6時に起床。家の雑事を片付け、外を見ると雨。「ありゃ~? 雨なんて聞いてないよ~」ということで、パソコンで東京電力雨量情報を確認するが、関東地方西部、雨の表示はなし。雨が止むのを待って出発。

本日の装備は、ハイドレの水1.5リットル、小ボトル(アクエリアス)、弁当箱(TOPEAKのTriBag)などである。毛呂山総合公園でハイドレに水を補給。宿谷権現堂線に取り掛かる。路面は乾いているところと濡れているところがあるが、濡れていると言っても、生(なま)乾き程度である。

イマサンな調子ではあるが、ハーハーゼイゼイ登る。清流線分岐点近くで3UPの方にお会いする。すばらしい笑顔を拝見してラストスパート。でもダメ。遅すぎ。

権現堂線から中野線に入り武蔵横手方面を目指す。墨絵ぼかしの風情である。

2008072101

武蔵横手駅前から国道299を東吾野へ。今度は東峠を登る。ここは自己新記録を出せる自信がある場所なので頑張る。タイムは9分57秒。従来の記録を36秒更新。平均心拍数158、平均ケイデンス80であった。

原市場から名栗に進み22キロから27キロぐらいのペースで走る。ターニップ発見。「ここにあったのかあ。でも昼飯には早いなあ。」と思う。

名郷も近くなって、平均速度も下がって来た頃、何やら1BOXが並走してくる。サイクリストかなあ・・・との予感。しばらくして、路側帯に停車して「3UP、ガンバレーッ!」との大きな声。やはり3UPの方であった。一言二言会話を交わす。声をかけてもらえるのは嬉しいものである。3UPのジャージを着ていて良かったと再び思う。名郷に到着。3UPの方はUターン。手を上げてお別れする。

小休止。いよいよ山伏峠である。先もあるので、ゆるゆると登る。道路上の温度計は22度を表示している。涼しい。霧も出てきて、ミストなシャワーという感じである。炎天下には登りたくないな・・・と思う。

国道299号線に出て、一路、芦ヶ久保の道の駅を目指す。快調に下る。道の駅で小休止。以降、横瀬の市街から案内板に従って丸山林道へ。

いよいよである。自販機でアクエリアスを補給し、野球場脇で水も補給。しかし、思い返せば、昼飯を食べていない。そこで、昨日に引続き、麺類でいくことにする。丸山林道起点のすぐ近くのお店に入る。「そば処樫」である。

2008072102

定休日は木曜日。営業時間は午前11時30分から午後4時まで。メニューは蕎麦とうどんが中心であるが、天丼など若干の御飯物もある。注文したのは、とろろせいろうんど@800円である。ほぼ満席状態ではあったが、意外と早く出てきた。味覚は人それぞれと思うので、味についてのコメントは差し控える。

2008072103

いよいよ丸山林道である。

2008072104

登り始めてすぐ停止。棚田である。遠くには武甲山がかすんで見える。案内板も設置されていて、詳しくいろいろと書いてある。通りかかった農家のおばちゃんと会話する。どこから来てどこへ帰るのかから始まって、カクラン(熱中症)をしないように・・・とのことで話が終わった。所要時間は約5分。おばちゃんの話では、下の写真に写っている辺りでも、猪、鹿、猿が出没し、地元では手を焼いているとのことであった。

2008072105

さて丸山林道である。前回のチャレンジ、と言っても1回しか登ってはいないのだが・・・。昨年6月16日の暑い日である。小鹿野でワラジカツを食べての帰り、師匠と2人で登ったのである。所要時間は1時間43分。その折には(も?)、師匠には大変に世話になった。本当に我慢強く見捨てないでいてくれたと思う・・・。
今回は、ノンストップで登ると決意。県民の森の駐車場を目指して登り始める。軽いギアでケイデンスを上げて登る。途中、前回、ここでヘタレこんだんだぁ・・・などと思いながらも快調(当社比)に登る。確かに、師匠の言うとおり、勾配は微妙な調和が取れている感じである。

ゴ~~ル。所要時間1時間58秒である。まあ、おばちゃんとの話がなければ(タラレバではあるが・・・)1時間を切れたので十分に満足である。しかし、涼しくて良かった。タイトルが「灼熱の丸山林道」では笑えない。

今日の大野峠への道はこんな感じである。霧で涼しいのではあるが、ブレーキなどには水滴がつきまくる感じである。

2008072106

以降、大野峠、高篠峠、白石峠、定峰峠と下り、東秩父の落合を経て最終目的地を目指す。

2008072107

大吟醸アイス@300円である。3kさんのブログを読んで来たのである。後ろに写っているのは、清酒帝松(みかどまつ)の蔵元、松岡醸造株式会社の工場内売店である。まずはペロッといってみる。ふむふむ大吟醸である。おいしい。今日の締めは、なぜか松岡さんである。

帰るとしよう。こうなると道筋は一つ。松郷峠である。ウリウリと、遅いけど簡単に登る。西平711から田中交差点を過ぎ、涼しい日ではあるものの下界の暑さを実感する。越生の丘陵地でウリウリとダッシュして遊んでみたり、山百合の大群落?(少なくとも私の知る限りでは最大の群落)を見たりして帰路についた。

涼しくて、そして楽しかった。加えて、富士山5合目まで登ったのは良い経験だったなあと、改めて思ったツーリングであった。

« 富士山5合目 | トップページ | Attack!299 »

コメント

こんにちは♪
ターニップのものですっconfident
突然のコメント失礼しますnote
「ターニップ」の場所がわかったようなので、次回はランチタイムに是非お越しくださいませっheart01

ストイックに走ってますなー
大吟醸アイス逝けるっしょ
今週は私も丸山行かねば

>3kさん
アレだけの構えの売店で、アイスだけ買うのも
なんか申し訳ないような気さえしましたが、
確かに大吟醸アイス、うまいっす。
一気にぐびぐび食べてしまって頭が痛くなり、
醸造用の地下水を飲んだら直りました。

土曜日はお世話になりました。
今度は富士がクセになりそうですね!
当方、今日はご先祖様をお迎えするため、草むしりに専念です。
今度は、腰越のカレー屋さんから定峰経由で白石峠まで如何ですか?
3時間かからないで帰還可能ですよ!

>kp61さん
お世話になりました。3日連続でマジに走ると、
GWの経験上、自滅必至なので昨日はお休みでした。
家でも、やる事がいっぱいみたいですね。

本当に丸山林道行ったのですね~、スゴイ。
僕ら家族はあのあと名栗湖へ戻って川辺でBBQ&川遊び♪
松岡醸造は興味ありです。

>karupapaさん
先日はお声がけありがとうございました。
いつもとは、ちょっと違う感じにお見受けしました・・・(^^)
興味の先は、大吟醸アイスよりも本物の大吟醸でしょうか(^^)^2

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41925380

この記事へのトラックバック一覧です: 生かさず殺さず:

« 富士山5合目 | トップページ | Attack!299 »