« 真夏の風情 | トップページ | 生かさず殺さず »

2008年7月19日 (土)

富士山5合目

今日は3UPの皆さんと、総勢6人で富士山5合目に登ってきた。天気は、今年の梅雨明けに相応しい、いかにも夏らしい晴天である。そして暑い日であった。

朝6時に飯能市に集合。高速を走って山梨県立富士ビジターセンターへ。

午前8時40分頃、富士スバルラインを登り始める。とにかく料金所までが、長くてきつい。これから中腹まで登る富士山が良く見える。

2008071901

料金所をスタート。往復通行料金@200円。巡航速度が違うので、あっと言う間に一人旅になる。剣丸尾駐車場(標高1,294m)、1合目(標高1,405m)と登っていくが、事前調査で分かっていることとは言え勾配がきつい。そして暑い。

2合目(標高1,596m)附近で、森の中でガサゴソ音が聞こえてきた。やがて、カタカナ表記が難しい鹿の鳴き声が聞こえた。そして樹海台駐車場(標高1,615m)通過。雲が横に見えるようになってきた。この辺までは他のサイクリストの方を何人かお見かけしたが、以降、登っているサイクリストはお見かけせず。

3合目(標高1,786m)あたりでは森の臭いが違っている。北欧っぽい感じである。好きな香りだ。大きくカーブして大沢駐車場(標高2,031m)を通過。このあたりで涼しく感じるようになり、部分的に下からガスが上がってくる。

4合目(標高2,045m)を通過。何となく記憶に残る景色を見ながら登り続ける。奥庭駐車場(標高2,227m)通過。あと2.5キロである。勾配が緩んできて、自転車らしいスピードで走り始める。しかし、残り1.5キロ附近から交通渋滞。路側帯を車のドアが開くのではないかと思いながら走る。

5合目(標高2,305m)を目前に控えて激坂とは言えない激坂。インナーでヘロヘロと登る。やっと到着。料金所から23.4キロ、ビジターセンターからの獲得高度1,360m、料金所からの所要時間1時間55分17秒。平均ケイデンス70。平均心拍148であった。その昔、富士登山競争で富士吉田市役所から5合目まで駆け上ったことがあるが、その時のタイムより全然遅い。まあ、比較するのも妙な話だが、何となくそのタイムを上回りたいなどと思って、今日は走り出したのであった・・・・orz。結果として3UPの方々を相当にお待たせしてしまった。申し訳けないとは思いながらも、コーラを1本飲ませていただくことにした。

5合目に来たのは10年以上ぶりの気がするが、第一印象は「すごい人の数!」である。見ていると外国人の方が多いように思う。写真は5合目から奥秩父方面を望む。

2008071902

コーラを飲んでウインドブレーカーを着て下る。5合目滞在時間8分4秒。

順調に下っていく。樹海台駐車場から河口湖・富士吉田市街方面を眺める。良い眺めである。富士急ハイランドのFUJIYAMAも、双眼鏡でみれば良く見えるはずである。

2008071903

下り続けると段々に暑さを感じるようになる。ビジターセンターに到着。5合目に比べると暑い。でも飯能市よりは涼しいに違いない。

汗をたくさんかいたので、富士急ハイランド脇のふじやま温泉で入浴。料金@2,000円。見ていると圧倒的に登山客が多い。リュックを入れることを想定してか、ロッカーが若干大きめのように感じた。昼食として館内で「肉玉吉田うどん@650円」を簡単に食べる。

2008071904

帰路につく。3UPの皆さんを見ていて思うのは、登るのも下るのも速いのだが、走り始める準備と、走った後の収納等の速さである。手際が良いというか何と言うか・・・である。経験と工夫の差を感じた。

« 真夏の風情 | トップページ | 生かさず殺さず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41906698

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山5合目:

« 真夏の風情 | トップページ | 生かさず殺さず »