« 白石峠TTその6 | トップページ | 亀井大周回 »

2008年6月 7日 (土)

TDN(応援)

CHMのTDN(ツール・ド・日本海)の応援(出発間もないので「お見送り」?)に行ってきた。

飯能市を早朝?出発し、日本海(新潟県)に至るツーリングである。

東京電力雨量情報の記録を見ると、昨晩は埼玉県内随所で雨が降っていた。その雨も上がり、良い天気を予感させる空である。まずはスタートから約9.5キロ地点、県道30号線の坂道に陣取って集団の到着を待つ。

午前2時29分、ライトの点が揺れながら列を作り、暗い坂道を登って来る。綺麗である。軽井沢ルートの集団が黙々と坂道を登り、目の前を静かに通り過ぎ、シャーッという音を残して坂を下って行く。

2008060701

9.5キロ地点通過後、場所を移してときがわ町に向かう。スタートから約19.1キロ地点である。こちらでも集団は静かに通過していく。シンガリはS山さんであったろうか。

2008060702

再び9.5キロ地点手前(日高市)に戻り、今度は志賀・渋峠ルートの皆さんを待つ。午前3時24分、明るいライトが見えてきた。こちらのグループは人数が少ないこともあってか「にぎやか」である。皆さんカメラに手を上げて通過してくれる。傍らで見る限り、その後のアタック合戦?はともかくも、少なくとも現時点では、まったく余裕で楽しんでいる感じが伝わってくる。

2008060703_2 

最後に、もう一度ときがわ町に向かい、志賀・渋峠ルートの皆さんを見送った。「あのオジサン達、やたらとイキイキしてるね。」という言葉が近くから聞こえてきた。

後は、参加された皆さんが、何のトラブルもなく、日本海の綺麗な夕日を眺めることができるよう、お祈りするのみである。

« 白石峠TTその6 | トップページ | 亀井大周回 »

コメント

夜中の応援、ありがとうございます・・・。
あの時間にあの場所にびっくりしました。
来年は一緒に行きましょう!!
凄く楽しいですよ~~

日本海の夕日を見るためにGo!!

思いがけない応援ありがとうございました。
おかげで頑張りすぎて倉渕手前で自沈しちゃいました(^^;
でも、無事に怪我無くパンクもなく絶好の天候に恵まれて去年より1時間も早く日本海を見ることができました。

来年は是非ご一緒に♪
宴会のビールは最高です!

>S山さん
暗闇の中を、自転車のライトの明かりが近付いてくるのは
感動でした。見送る側にも楽しさがありました。
今のところ未体験の距離ですが、
自転車で走って日本海の夕日を見てみたいですね。

>matuokaさん
良い天気で良かったです。渋峠は標高もあるし、天候も含め
いろいろとキツそうですね。
確かに、ビールは特においしそうです・・・。

Kacさん!どうもありがとうございました。
僕、顔は笑顔だったかもしれないけど、けっこー緊張してたんですよ。だって、すごいスピードだったでしょ。平地の巡航スピード40km/hを超えてましたから。そんな時にKac3の応援!とてもうれしく、かつパワーをいただきました。
来年は、ぜひ一緒に行きましょう。普段のビールは少し控えて、日本海でグビグビ飲みましょう。

>たけきよさん
毛呂山町から越生町にかけて、軽井沢組は県道飯能寄居線の旧道を、志賀・渋峠組はバイパスを走っています。
確かに光速でしたね。「マジかよぉ? これで日本海まで行くの?」などと思っておりました。
日本海での写真拝見しました。練習会のときより体型が臨戦モードになっているとお見受けしましたが、気のせいではない感じですね。
実は、柿崎は私にとっては因縁浅からぬ土地で、海辺まで車では行ったことがあります。自転車でも行ってみたいと思ってはいたのですが、諸般の事情によりまして・・・残念でした。
ビールは、たけきよさんに「俺の酒が飲めねぇのか」とでも言っていただければ・・・止むを得ず?ぐびぐび行けるかと思いますので、その節はヨロシクお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41449760

この記事へのトラックバック一覧です: TDN(応援):

« 白石峠TTその6 | トップページ | 亀井大周回 »