« 清流線 | トップページ | 柳沢峠 »

2008年6月24日 (火)

鉄塔銀座

なんだかんだで、しばらく走れなかったので、ちょびっと走ってきた。

まったりペースで宿谷権現堂線を登る。権現堂線に出て奥武蔵自然歩道との交点手前から景色を眺める。見えるのは鉄塔銀座である。日高市から鶴ヶ島市にかけての地域は、変電所が複数立地しており、したがって高圧送電線の鉄塔も多い。写真を撮るのなら白銀平展望台の方が良いのかもしれないが、いずれにしても印象的な景色である。

2008062401

権現堂線から中野線、関ノ入線とつなぎ武蔵横手駅前に出る。国道299号線を東吾野まで走り、東峠へ。今日は楽に登れた。自己ベストタイムより1分遅れであったが、まじめに登れば自己新記録はすぐに出る感じがした。

ポラールのデータを見ていてビックリ。北向地蔵より東峠の方が標高が高いと思いこんでいたのだが、実は逆で、東峠の方が標高が低かった。まあ、冷静に考えると、東峠に登っている途中にグリーンライン方面を望むと、確かにグリーンライン方面の方が高く見えたような気がする。

その後、一路CHMへ。ペダルの取り付け(実は既存のペダルがどうしても自宅ではハズレなかった・・・)とクリートの位置調整をしてもらう。当方はローラーを漕ぎながら、店長は前から、横から、後ろから様子を見たりと時間を割いて調整してくれた。またツーリングの時にでも微調整してくれるとのことであった。ありがたい。

« 清流線 | トップページ | 柳沢峠 »

コメント

クリートの位置調整はしっかりプロにしてもらってください。
今私もそれで悩んでます

ポジションやクリートの位置決定って、故障の予防とかの面でも、すごい重要なことなんですよね。
自分の脚が感じている微妙な感じを相手に伝えるのが難しいような気もしますが、結局、何が正解?なのか分からない部分もあって、一人で正解を模索をするのも方法の一つですが、やはり経験のある人のアドバイスは助かるというより、必要のように思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41636365

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔銀座:

« 清流線 | トップページ | 柳沢峠 »