« 白石峠TTその7 | トップページ | 清流線 »

2008年6月16日 (月)

風物詩

一昨日、昨日と、ちょこっと疲れたので、積極的休養と称して、ちょこっとポタリング。

まずは麦を見に行く。いよいよ「麦秋」もコンバインによって強制終了される時期となり、今年も見納めということで眺めてきた。

麦秋という言葉は、中学校時代に国語の俳句の授業で聞いたのが最初であろうか。その後、高校時代の漢文の授業で「むぎひいでてぜんぜんたり かしょゆうゆうたり かのこうどう われとよからざりきと」などと唱えて?いたときに、先生の話が脱線したのが2度目であろうか。

写真の麦は小麦である。この頃、ビール麦(大麦)を見なくなったような気がする。もちろん作付けしているところではしているのだろうが、何と言っても野毛が強力なので作らないのだろうか? それとも流通や出荷の問題で、契約農家以外は作付けしないとか・・・いろいろとあるのかも知れない。

2008061601

その次は、ホタルである。『蛍光タスキ』も装備している。

「蛍」というと校歌とかそういうイメージがある。「ホタル」というと「線香花火」であろうか。

とにかく写真に撮るのが難しい。三脚に固定した一眼レフで開放にして、加えて技術を駆使すれば綺麗に撮れるのだろうが・・・この写真では、ホタルが飛んでいるのか、それとも単なるカメラブレなのかもわからん・・・orz

2008061602

« 白石峠TTその7 | トップページ | 清流線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41554973

この記事へのトラックバック一覧です: 風物詩:

« 白石峠TTその7 | トップページ | 清流線 »