« 柳沢峠 | トップページ | レモンの砂糖づけ »

2008年6月28日 (土)

練習記録080628

今日はCHMのロードツーリングに行ってきた。コースは、飯能市役所⇒原市場小⇒倉掛峠⇒中藤⇒東峠⇒東吾野⇒阿寺⇒顔振峠(ツーリング終了)⇒花立松ノ峠⇒猿岩線⇒シロクマパンである。例によって写真を撮っている暇はない。

この頃、CHMのロードツーリングに行くと越生周回に当たることが多かったが、今日はグリーンライン方面に向け出発。

しばらく走って停止。ストレッチである。ストレッチについては、過去に本を買ったり、指導者の講習を聞いたりしたが、今日の店長の実地は面白かった。さすがに自転車乗りならではのストレッチメニューが光った。

倉掛峠を越える。2度目である。初めて越えたのは、昨年(2007年)6月2日のCHMロードツーリング初参加の日である。やっとのことで越えた記憶があるが、今日は、遅いことには変わりはないが、テンポ良く漕いで越えられた。

続いて東峠を登る。スタートからしばらくの間はマッタリモードとなってしまったが、結果は7分57秒、平均心拍165、平均ケイデンス71であった。過去の自己記録を1分1秒更新しての自己新記録であった。

東峠で店長の下り方のレクチャーを受け下る。また下りでは実地指導を受ける。過去に理解していなかったことを2点ほど吸収させていただいた。(一応、理屈は理解したつもり・・・しかし、実際に身体が動いていない可能性大。)

東吾野から顔振峠を目指して登り始める。途中で、ライディングフォームに関するレクチャー。ふむふむと思う。特に、骨盤を立てていないフォームを骨盤を立てた状態にすることと脚の回転の関係の話は目からウロコであった。この間のツーリングで、「脚を大きく上げて回せ!」と言われたのは、そういう意味だったのか・・・と納得しきりであった。クリートの位置については、走りながら確認してもらって問題なしとの判断となった。

その後はハーハーゼイゼイと顔振峠を目指す。結構、テンポ良く登れた。心肺と筋力を考えたテンポというかペースというか・・・の話も、目からウロコであった。

その後、何人かでグリーンラインを刈場坂峠方面へ走ることとなり、後(うしろ)からつかせていただいたが、しばらく走って、当方には無理(^^; と判断し、そして自分自身の時間の都合もあるので・・・ということで、花立松ノ峠で離脱させていただいて猿岩線をまったりと下った。

今日は補給を何もしていないため、お腹も空いたのでシロクマパンに寄らせていただく。念願のチョコパワーを初ゲット。おいしかった。

お腹もいっぱいになったので、まったりと帰路についた。

« 柳沢峠 | トップページ | レモンの砂糖づけ »

コメント

やっぱりショップのランは濃密ですね
FLとは訳がちがう感じス

何が良いのかは分かりませんけど・・・。
ケガや故障なく、そして事故なく楽しめれば・・・・
加えて、時にはチョビッと背伸びもしたりしてって感じですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41673514

この記事へのトラックバック一覧です: 練習記録080628:

« 柳沢峠 | トップページ | レモンの砂糖づけ »