« 楽しかった! | トップページ | 麦草峠 »

2008年5月 4日 (日)

志賀坂峠

ロードバイクに乗り出したキッカケというか目標は、『国道299号線を走って麦草峠に登りたい』である。山伏峠(厳密に言うとチト違うが)、志賀坂峠、十石峠、麦草峠を連続して登ることになるのだが、山伏峠と十石峠は、すでに自走で走った。一つひとつ自走で走りたいと前から思っていたので、今日は志賀坂峠に挑戦することにした。

志賀坂峠は、先日のTDN練習走行会で車で走っているので、だいたい様子がわかる。今日のコースは、先日の走行会にほぼ準拠したものであるが、若干変更している。

師匠と出発。ときがわ町田中交差点⇒西平711⇒松郷峠⇒落合⇒定峰峠⇒大野原と進む。秩父橋を渡る。振り返ると荒川の新緑の向こうにセメント工場。秩父らしい景色である。

2008050401

いよいよ国道299号線を走る。30キロ巡航は当方には無理。先日の走行会のペースでは、ここまでも、たどりついていないのは確実。が、精一杯回して走る。
小鹿野バイパスのコンビニで休憩後、一路、志賀坂峠を目指す。コンビニから峠までは18.5キロ。アプローチが体力を奪う。残り5キロ地点の坂本橋で休憩。梅干を食べ、峠への登りに備える。道路案内板の表示する気温は23度。暑い。先日の走行会の時の山伏峠は8度だったので、随分と気温が違う。写真は、残り5キロ地点から見た志賀坂峠方面。山中に白く見えるのは登って行く道を守る擁壁である。

2008050402

スタート。いきなり直登一気である。しかし、そこが終わると、意外と優しい顔を見せてくれる峠である。途中の最も景色の良い地点で一瞬、止まる。「ヤッホーッ」と大きな声を出してみた。今日は、調子がいい。その地点(上の写真の擁壁附近)から下を見るとこんな感じ。道が蛇行して走っているが良く見える。

2008050403

志賀坂峠を神流町側に下り。恐竜の足跡の化石を撮影。

2008050404

その後、神流川左岸を下っていく。道の駅万場の里で休憩。お腹がすいたので、正式名称は忘れたけれど、ジャガイモに味噌をつけて焼いたもの@200円を食べる。写真は、売っていたおばちゃんから受け取ったままの形である。何やら刺さっているのはツマヨウジ。うまかった。

2008050405

再び、鬼石を目指して下り始める。神流湖堰堤が近くなってくると、小さな上り下りがある。小さな登りでも、一瞬気を緩めると師匠においていかれる。この辺りは苦しい。鬼石に出て、「てんぐ家」さんで「冷やしたぬきうどん@650円」を食べる。おいしかったのだが、後に後悔することになる。

2008050406

お店を出て、いきなり杉ノ峠の登り。以降、下って、登って、下ってで長瀞に出られるが、激坂の直前で「冷やしたぬきうどん」を食べたのは大失敗であった。何事も経験である。若い人なら何でもないのだろうか・・・。

以降は、長瀞⇒荒川右岸⇒波久礼⇒折原⇒オヤノタと進む。オヤノタへの坂では難渋した。ウネウネしている内は良いのだが、最後の直登一気がきつい。

東秩父側へ下りて、あまりに筋肉が硬くなってきた気がしたので落合の店附近でストレッチ。

再び走り出し、松郷峠を登る。ここは師匠を最後に抜き去る予定で、ケイデンスを上げて走ったのだが、一歩及ばず。

その後、帰路につく。自分で走ってみて、先日のTDN練習走行会の参加された方の気持ちが、少しわかったような気がした。

しかし、楽しかった!けど、暑かった!とか、つらかった!とか副題がいっぱいつきそうである。師匠、ロングラン&獲得高度2,000m超、お世話になりました。

« 楽しかった! | トップページ | 麦草峠 »

コメント

お世話様でした。
中々走り応えがあって良いコースでしたね。
また、良いコース選定よろしくです。
奥多摩方面行ったことがないので、今度はそっち方面でも。

走ってますね。いいなー
距離はどれくらいでした
鬼石から家までのアップダウンがいやらしい感じしますが

>KP61さん
お世話様でした。奥多摩ですか。鶴峠、松姫峠、犬目、一里塚などが思い浮かびます。ではまた、そのうちに。

>3Kさん
距離は200キロには届きません。鬼石から後は、特に寄居と東秩父の間の峠が効きました。

晴れ過ぎくらいの良い天気でしたね。
お疲れさまでしたconfident

>mineさん
暑かったです。日焼けがヒリヒリしております(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/41088743

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀坂峠:

« 楽しかった! | トップページ | 麦草峠 »