« 松郷峠を馬で越える | トップページ | 川幅日本一 »

2008年4月 6日 (日)

桜探訪

桜にまつわる自転車乗り皆様のブログを拝見し桜探訪に行きたくなった。来週では遅すぎる。明日行かねば・・・ということで前日に行くことを決定。

ところが、近所で夜間工事が始まった。道路の掘削、管の埋設、埋め戻しと舗装仮復旧だが、午前3時半ごろ、最終工程に入ったらしく、タンピングランマーの転圧が始まった。防音型ではないらしく、とても眠っていられない。やむなく起きる。もう眠れないので、ブログの記事や地図を確認させていただいて出発。

まずは坂戸市の慈眼寺のしだれ桜。すでに花は終わっていた。

2008040601

次に向かったのが吉見町の桜堤。途中、開通したばかりの圏央道の側道を走ってみる。さすがに突貫工事の後が生々しい。大変だったんだろうな・・・と思う。
吉見町の桜堤は「桜が咲いているときに来るぞ!」と思っていた場所。
桜堤の桜には提灯が下げてあり、お酒を飲んでの夜桜の花見には必需品?かもしれないが、昼間、単に桜を眺めるときは無粋と感じてしまう。勝手なものである。

2008040602

次に向かったのが森林公園。荒サイ(さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道線)経由で森林公園まで案内板の指示どおりに走ったことがないので、今日は指示どおりに走ってみた。荒川の土手は菜の花が満開で、その強い花の臭いが、ハチミツを連想させた。

2008040603

森林公園南口に到着。桜をパチリ。森林公園の辺りは自転車道も整備されていて、ちょっとしたサイクリングには良いところかも知れない。

2008040604

次に向かったのが嵐山。まずは都幾川沿いの桜を遠目に眺め、嵐山渓谷方面へ。小倉林道の入口辺りから撮影した写真である。山は大平山(嵐山町発行の嵐山町全図による)。渓谷一帯は緑のトラスト保全地である。

2008040605

次に向かったのが清雲寺のしだれ桜。経路は、嵐山⇒遠山⇒仙元山⇒腰越の切通し⇒落合⇒定峰峠⇒大野原⇒尾田蒔⇒県道72号線。国道140号線は渋滞していて走る気にならず荒川対岸を走る。しかし、小さな上り下りがあり、なかなか良いトレーニングになった。
清雲寺の前にちょっと寄り道。「矢通反(やとおそり?)隧道」である。中に入るとライナープレートで半分くらいの延長が補強されていた。ちょうど地元の中学生が通りかかり、看板記載のとおり「生活道路」であることを実感。

2008040606

そして、いよいよ清雲寺のしだれ桜である。とにかくすごい人の波。早々に退散。自転車を置かせてもらった駐車場の集金をしているオヤジさんに「早いねえ。人の頭を見てきたのかい?」とか言われる始末。しかし、この桜はすごい。一見の価値がある。見に来て本当に良かった・・・と思った。写真では、この桜の上品さが伝わらないのが残念。

2008040607

次に向かったのが長瀞である。国道140号線を避けて、県道72号線、44号線とつないで行く。長瀞も人ヒトひと。駅附近では車が渋滞して自転車で進むのも難渋するようであった。しかし、長瀞の桜には圧倒された。この写真はイマイチだが、中ほどの荒川にはライン下りの舟が写っている。

2008040608

長瀞から荒川の対岸に渡り、歌碑を発見。以前から「なんだろう?」とは思っていたのだが、「ご自由にどうぞ」との旨の看板があったので入ってみた。読んでみて、不覚にもウルッとしてしまった。
「給桑に 父のまとひし 衣(い)に残る 蚕(こ)の香の立ちぬ 二十年(はたとせ)経(ふ)るも  重治」

2008040609

その後、波久礼⇒男衾⇒小川町運動公園⇒嵐山と経て帰路についた。走行距離は187キロ、獲得高度は1,530mであった。

しかし、どこの桜もキレイだったなぁ。

« 松郷峠を馬で越える | トップページ | 川幅日本一 »

コメント

慈眼寺経由秩父とはおそれいります
今日の大平山は萌え萌えで山全体が春でしたね
のんびり11時頃通過でした

読み始めて、最終的に秩父まで行かれたことにビックリしましたよ。
矢通反隧道も立ち寄られたようで(^^)
清雲寺の枝垂れ桜の迫力を伝えるのは難しいですね。
自分の目で観てこそ価値がありますね。

>3kさん
今日は良いお天気で暑いくらいでしたね。確かに雑木林や山の桜を見ると、春って感じがします。

>きーじぇいさん
帰りに丸山林道を・・・などとは考えておりませんが、やってみたいとは思っております。

長距離でしたが、楽しめたようで良かったです。
「桜と里山」のタイトルも綺麗ですね。

>mineさん
初めまして・・・
長距離?ライド慣れないと疲れます。今朝は若干筋肉痛ですorz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/40792317

この記事へのトラックバック一覧です: 桜探訪:

« 松郷峠を馬で越える | トップページ | 川幅日本一 »