« 越生梅林・慈光寺・白石峠 | トップページ | 奈良の鹿 »

2008年3月 9日 (日)

東風吹かば

今日は、レミオロメンの曲を口ずさみたくなる日である。それはさておき、昨日のMTBに続いて、今日はロードで出発。目的地は定峰峠。

出だしから、とにかく信号運が悪い。赤ばかりが続く。交通ルールを守って淡々と走る。まずは、明覚駅を右折し横松郷を目指す。今まで気がつかなかったが、県道を渡ったところに、度々ブログにも登場しているラーメン「和」があったのだった。今度、寄ってみようと思う。店の脇には二十二夜塔があった。順番から言えば、二十二夜塔の脇に店ができたというべきか・・・。

横松郷を走り出す。結構頑張って走る。平均心拍数は自己記録時より高かったが、タイムは1分以上遅かった。まあ、膝の痛みを感じずに頑張れただけ良しとしよう。写真は見づらいが、四幡神社前にある「林道雲河原線開鑿記念碑」である。昭和37年に建てたもののようである。

2008030901

松郷峠から小川町に下り、東秩父を西に進む。落合の店を左折して、定峰峠を目指す。白石車庫にたどり着く前にバテバテ状態。一体これは何なのか。ちょっと不甲斐ない感じ。白石車庫でミニ羊羹を補給して小休止。県道を見ていると、自転車も少なくないが、バイクが圧倒的に多い。カッコ良くカーブを切って行く。

定峰峠を目指して登り続けるが踏めない。心拍が上がるより前に踏めない感じ。だましだまし登る。どうにか峠に到着。結構時間がかかった。自己記録より5分以上遅い。秩父方面に下りるには時間がないし、白石峠方面は通行止なので、もと来た道を戻る。

東秩父を走っていると東風を感じる。時々、梅の香も感じる。また、畑の地温も上がり、いろいろな春の匂いがただよってくる。でも自転車的には結構な向かい風の感じであった。その後、裏松郷を登り、西平711へ。後は下り。県道脇に紅梅が咲いていたのでパチリ。神社の境内などの紅梅もキレイだが、剪定も何もせず、周囲のヤブと戦いながら野木化した紅梅もきれいである。

2008030902

信号運も持ち直し、帰路に着く。心地よく疲れた感じである。

« 越生梅林・慈光寺・白石峠 | トップページ | 奈良の鹿 »

コメント

すっかり探訪モードで回復基調何よりです。
当方は昨日、裏松から定峰、寄居経由をしました。
そろそろ、ガシガシいかがですか?

コメントありがとうございます。ガシガシ行くと膝がギシギシしてしまいそうで・・・。 「待てば林道日和あり」でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/40439254

この記事へのトラックバック一覧です: 東風吹かば:

« 越生梅林・慈光寺・白石峠 | トップページ | 奈良の鹿 »