« 東風吹かば | トップページ | 春の奥武蔵 »

2008年3月22日 (土)

奈良の鹿

テレビドラマ「鹿男あをによし」に触発され、奈良まで鹿に会いに行ってきた。まったくもって物見遊山の旅である。

奈良公園は修学旅行以来なので何十年ぶりということになる。「鹿せんべい」をくれようとするとお辞儀?してくれる鹿もいれば、興味を示さない鹿もいる。そして、一気に群がって来るグループもあって、思わず走り出してしまった。修学旅行シーズンでもあれば、ヒトもシカも走り回ることになるのだろうか・・・。

2008032201

春日大社近くの広場から高円山方面を望む。この場所は、テレビドラマで、主人公の”先生”と”鹿”が、最も感動的な場面の一つであった最後の会話をした場所だと思う。遠景の山々が、はっきりとドラマでも映っていた。

2008032202

続いて平城宮跡の朱雀門に向かう。この場所は、テレビドラマで、近鉄奈良線に乗っている主人公の”先生”を”鹿”が見送った場所だと思う。”鹿”の脇にあった小川を飛び越えようとしたが、ちょっと広すぎて無理だった。

2008032203

最後に自転車関連を一つ。歩いていて出会ったのはローディーお一方であった。

2008032204

しかし、奈良は自転車に限ると思う。レンタサイクルでも借りれば良かった。痛い足の爪を気にしながら10キロ以上は楽に歩いている。でも、天気に恵まれ、加えて、見る景色がテレビドラマの場面と重複して面白かった。

帰りの電車の中で、修学旅行に一緒に行った担任の先生とバッタリ会った。何か因縁めいたものを感じた。

« 東風吹かば | トップページ | 春の奥武蔵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/40611529

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の鹿:

« 東風吹かば | トップページ | 春の奥武蔵 »