« 丘陵ポタ | トップページ | 巖殿山 »

2008年2月23日 (土)

寒冷前線

今日はCHMのロードツーリングの日だが、仮に膝が耐えられたとしても、心拍を上げるトレーニングをしばらく行っていないので集団に着いて行くのは全く不可能と思い、昨日ブログで読ませたいただいたコースをアレンジして辿るグルメツアーに出かけることにした。

午前中は南風、午後は北風ということで、安易に楽ができるのでは・・・などと考えていたが、その間にある「寒冷前線の通過」を忘れていた。雷のことを「雷様」と様を付けて呼んだりするが、今日の心境は、寒冷前線にも「様」を付けたい感じだった。

まずは越生周回コースに入る。秋に彼岸花が咲いていた地点で写真を撮る。里山は冬枯れの風情だが、手前の彼岸花は秋の状況とは一変した状態で寒さに耐えている。

2008022301

日本カントリーの坂からケンネル坂を経てときがわ町に入る。玉川橋で止まる。ときがわ町観光案内の観光ガイド⇒町の歴史によれば、大正12年に埼玉県の鉄筋コンクリートアーチ型橋の第1号として架けられたとのことであるが、以前に訪れた名栗川橋と古さを競う橋であることに間違いはない。

2008022302

その後、多少はトレーニングっぽいこともしてみようということで、ケイデンス90以上を保ちながら玉川棒道を西に進み、雀川砂防ダムを目指す。ここでメインイベントに備えて小休止。ジョギングの方と一言二言会話しながら休む。今日は、先週よりも負荷をかけるべく雀川上雲線を登ってみようと出かけて来たのである。ゲートの内側には雪がちらほら。通ったばかりの自転車の車輪の跡もある。大丈夫だろうと判断して突入。しばらくは路面状況も良く、心拍も170近くまで上がる。気候も暖かく快適に登れる。しかしそれも束の間であった。こんな感じのところが数箇所あり、無理なものは無理。歩く。結局、雀川上雲線を上るのに27分かかった。

2008022303

その後は松郷峠を越え、ラジュモハンの脇を通り、落合の店を左折せず、大内沢を抜けて、教科書どおりに寄居を目指して進む。先週と、まったく同じ道のりではあるが、今回は、ケイデンス90以上を意識して軽いギアで、まじめに回した。

お目当ての「うさぎや」到着。店の前で待っている人がいる。満員で入れないらしい。しばらく待つ。

2008022304

ラーメン@650円とチャーシューご飯@250円を食べる。店内は店主の趣味か可愛らしい置物などが置いてある。写真では分かりづらいが、湯飲みには幸福そうなうさぎ達が描かれている。何羽?いるか数えては来なかった。食べている間の店外の列はMAX10人くらいであったろうか。味については、感じ方は人それぞれと思うので、敢えて今回はコメントしない。これで本日の目的達成である。

2008022305

店を出て、男衾駅から小川方面に進む。関係のない話だが、東上線もここまで来るとワンマン運転の4両編成である。さて、教科書どおりに進むには「すてな」看板を見つけなければならない。ブログに掲載された写真と、過去の景色の記憶をヒントに進む。若干遠回りをしたが無事に発見した。

2008022306

その後は適当に進み嵐山に出てきた。埼玉県立嵐山史跡の博物館に寄る。靴も靴なので館内には入らず外をぶらり。畠山重忠像を見学。お酒が供えてあった。ちょっと不思議な感じ。まあ、重忠というと、「ひよどり越」や埼玉県知事畑和作詞で三橋美智也が歌った「重忠節」などが思い出されるが、彼を軸として、中世の大里や比企郡の痕跡を自転車で巡れば、かなりの時間が必要になりそうである。今のところ、そのつもりはないが・・・

しかし、さすがのデジカメも、この場合は顔認識はできないみたいである。

2008022307

そして、最後に寒冷前線様との御対面である。午後2時現在の熊谷市のデータでは北北西の風12mとのこと。ということは、午後1時50分から2時の間の平均値がこれということである。実際には、かなりすごかった。いまだに目に入ったホコリが出ていない。加えてスピードを出すのは非常に危険。横風をくらって流されてしまった。挙句に小雨に打たれてウインドブレーカーもかなりのもの。写真は嵐山町地内の様子。セピア色に見えるが実際はホコリ。クリックすると拡大。

2008022308

結局、本日のメインイベントは、雀川上雲線でも、うさぎやラーメンでもなく、寒冷前線であった。

« 丘陵ポタ | トップページ | 巖殿山 »

コメント

うさぎやち言い看板と言い流石です
前線に遭遇でしたか平成楼の山もかすんでますね
刀水橋徒歩で渡りました

刀水橋お疲れ様でした。当方の比ではないようですね。あの橋はくぐったことは何度もあるのですが、自転車で、歩いて(^^ 渡ったことはありません。でも、この季節、いつも風が強い名所という感じがありますね。無事でなによりでした。

今日は、雪中行軍と寒冷前線遭遇、お疲れ様でした。
棒道で、「雀川雪!」って叫んだですが、聞こえなかったみたいですね。
たぶん引き返すと思ったんですが、あの氷壁を登るとは、さすが坂○○チ?脱帽です!

玉川棒道ですれ違ったときは、ハイタッチに来てくれたものとばかり思っておりましたcoldsweats01 さすがにチョット・・・20年ぶりの再会か?とも思いましたが。ご好意が無になって・・・塞翁が馬・・・雪道、楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/40231604

この記事へのトラックバック一覧です: 寒冷前線:

« 丘陵ポタ | トップページ | 巖殿山 »