« 白石峠TTその4 | トップページ | 白石峠通行止情報 »

2007年12月 8日 (土)

秩父にツーリング

今日は、師匠と一緒に秩父にツーリングに行ってきた。コースは、県道川越日高線(15)⇒高麗⇒武蔵台団地⇒県道飯能下名栗線(70)⇒原市場⇒県道青梅秩父線(53)⇒名栗⇒山伏峠⇒国道299号線⇒横瀬町⇒県道熊谷小川秩父線(11)⇒県道長瀞玉淀自然公園線(82・長瀞の荒川右岸)⇒寄居町運動公園⇒男衾⇒「のこのこ」である。大きな上りは、山伏峠のみである。

名栗への道は、ところどころ霜で真っ白。あるいは、霜が解けて路面が濡れている。途中、「名栗川橋」で立ち止まる。この橋は、何度となくタモトを通過しているが、初めて立ち止まった。案内板によれば、大正13年(1924)完成の鉄筋コンクリート構造のアーチ橋で、この種の橋としては埼玉県内最古のもので、埼玉県の有形文化財とのことである。一方、きまぐれ旅写真館では、県道ときがわ坂戸線(171)の都幾川に架かる玉川橋(ときがわ町役場の北方)が、大正10年(1921)の竣工で、玉川橋を県内最古のものとしている。

2007120801

名郷で一休み。ホットミルクティーを飲む。師匠は「TTはやらないよ~」などと言いながらも、どんどん先行して姿が見えなくなってしまう。当方は、ファイナルローでヘコヘコ登る。21分14秒、ケイデンス69で到着。前回のTTに比べると、タイムも遅いし、ケイデンスも低い。やはり、昨日の本年2つ目の忘年会の影響であろうか・・・。

国道299号線に出ると、さすがにトラック&ダンプばかり。ちょっと引く。横瀬町までは下りなので路面状況に注意しながら進む。本日のツーリングでもっとも楽な区間であった。

県道熊谷小川秩父線に入り、コンビニで小休止。お汁粉を補給する。ここから残りの区間は勝手知ったる通り慣れた道である。そこそこのペースで進む。長瀞トンネルは、荒川沿いの鉄平石が敷かれた道に迂回する。

しばらく進み長瀞カントリーへ向けての登りが始まる。前から左膝に多少の違和感があったが、この登りで、痛みを感じるようになってしまった(^^; 激坂ではないので、ギアを落とさずに走ったのが良くなかったかもしれない。ちょっと立ち止まって、陣見山方面?の写真を撮る。紅葉も盛りを過ぎ、すでに茶色になってしまった。後は冬枯れを待つばかり・・・という感じか。

2007120802

膝も痛いので、残りの区間は軽いギアでケイデンスを上げて、速くても30キロ程度で進む。「のこのこ」で、いつもどおりランチ@680円を食べて帰路に着く。

今日の収穫とすれば平均ケイデンスが84であったことであろうか。当方の過去のロングライドの中ではハイレベルな方に入ると思う。

« 白石峠TTその4 | トップページ | 白石峠通行止情報 »

コメント

今日はお疲れさんでした。
膝の調子はどうですか?
冬の糖質補給は「汁粉」っていう手もあるんですね。何か美味そうでした。
明日は残念でしょうが、無理はしないほうが得策ですね。
まぁ~、また、軽くチャリで流すくらいが良いのでは?
それでは、お大事に!

お世話になりました。・・・痛みがあるときは動かないのが鉄則?でしょうか。全治1週間くらいかなあと思います。静かにしてますorz お汁粉は小倉羊羹が液状化したものと考えれば・・・秋と同じ?です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/17311094

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父にツーリング:

« 白石峠TTその4 | トップページ | 白石峠通行止情報 »