« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

白石峠通行止情報

2007年(平成19年)大晦日。白石峠が通行止になるというので、車に乗って情報を収集してきた。

通行止の予告板は、ときがわ町田中交差点の西側に掲出されている。

2007123101

詳細は以下のとおり。

「通行止予告
 この先14km白石峠頂上付近工事中につき
 全面通行止
 ご協力お願いします
 平成20年1月7日~平成20年3月28日
 迂回路(⇒下の写真参照。クリックすると800×600の大きさになります。)
 埼玉県東松山県土整備事務所 TEL 0493(22)2333
 小川警察署 TEL 0493(74)0110
 株式会社吉田工業 TEL 0493(67)0234」

2007123102

また、昨日は、ときがわ町の雀川砂防ダム入口近くの「アライ」でトンカツを食べてきた。下の写真のお皿の大きさは直径20cmちょっとはあると思うので、カツの大きさは、かなりのもの。大きさだけではなく厚みもすごい。さすがに半分しか食べきれず、パックに入れて持ち帰った。ローディーの方が4人程おられたが、昨日の天候(雨や雹?)で、かなり寒い思いをされたのではと思う。

2007123001_2

加えて今日は、久々に自転車に乗ってみた。乗ったのは、知人所有のママチャリ風軽快車。SHIMANOのディレイラーが付いている。走行距離は6.5km、所要時間は23分45秒、平均速度は16.5kmか・・・。一応、走れはするが、やはり左膝に違和感が来る。どうしたものか・・・。

-------------------------------------------------------------------

今年の記事は、これでオシマイです。不定期更新で、加えて内容もうすいブログに訪問をいただきありがとうございました。また、ブログランキングへのクリックも望外に頂き、重ねてお礼申し上げます。良いお歳をお迎えください。m(_ _)m

2007年12月 8日 (土)

秩父にツーリング

今日は、師匠と一緒に秩父にツーリングに行ってきた。コースは、県道川越日高線(15)⇒高麗⇒武蔵台団地⇒県道飯能下名栗線(70)⇒原市場⇒県道青梅秩父線(53)⇒名栗⇒山伏峠⇒国道299号線⇒横瀬町⇒県道熊谷小川秩父線(11)⇒県道長瀞玉淀自然公園線(82・長瀞の荒川右岸)⇒寄居町運動公園⇒男衾⇒「のこのこ」である。大きな上りは、山伏峠のみである。

名栗への道は、ところどころ霜で真っ白。あるいは、霜が解けて路面が濡れている。途中、「名栗川橋」で立ち止まる。この橋は、何度となくタモトを通過しているが、初めて立ち止まった。案内板によれば、大正13年(1924)完成の鉄筋コンクリート構造のアーチ橋で、この種の橋としては埼玉県内最古のもので、埼玉県の有形文化財とのことである。一方、きまぐれ旅写真館では、県道ときがわ坂戸線(171)の都幾川に架かる玉川橋(ときがわ町役場の北方)が、大正10年(1921)の竣工で、玉川橋を県内最古のものとしている。

2007120801

名郷で一休み。ホットミルクティーを飲む。師匠は「TTはやらないよ~」などと言いながらも、どんどん先行して姿が見えなくなってしまう。当方は、ファイナルローでヘコヘコ登る。21分14秒、ケイデンス69で到着。前回のTTに比べると、タイムも遅いし、ケイデンスも低い。やはり、昨日の本年2つ目の忘年会の影響であろうか・・・。

国道299号線に出ると、さすがにトラック&ダンプばかり。ちょっと引く。横瀬町までは下りなので路面状況に注意しながら進む。本日のツーリングでもっとも楽な区間であった。

県道熊谷小川秩父線に入り、コンビニで小休止。お汁粉を補給する。ここから残りの区間は勝手知ったる通り慣れた道である。そこそこのペースで進む。長瀞トンネルは、荒川沿いの鉄平石が敷かれた道に迂回する。

しばらく進み長瀞カントリーへ向けての登りが始まる。前から左膝に多少の違和感があったが、この登りで、痛みを感じるようになってしまった(^^; 激坂ではないので、ギアを落とさずに走ったのが良くなかったかもしれない。ちょっと立ち止まって、陣見山方面?の写真を撮る。紅葉も盛りを過ぎ、すでに茶色になってしまった。後は冬枯れを待つばかり・・・という感じか。

2007120802

膝も痛いので、残りの区間は軽いギアでケイデンスを上げて、速くても30キロ程度で進む。「のこのこ」で、いつもどおりランチ@680円を食べて帰路に着く。

今日の収穫とすれば平均ケイデンスが84であったことであろうか。当方の過去のロングライドの中ではハイレベルな方に入ると思う。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »