« C組ハイキング? | トップページ | 七重峠その2 »

2007年11月23日 (金)

七重峠

七重峠に行って来た。先週の土曜日の紅葉狩りハイキングの筋肉痛もやっと癒え、動き出す気になった。師匠を遠まわしに誘ってみたが、相変わらず、稼ぎまくっているようである。そこで、3連休のいつ行こうか迷ったが、天気予報を見て、景色を見るなら今日が最適と判断して出発。コースは、越生⇒玉川棒道⇒雀川上雲線⇒Yショップ小川きりどうし店⇒栗山線⇒延命水⇒七重峠⇒栗山線⇒栗山支線⇒萩帯線⇒御堂笠山線分岐(桜)⇒和紙の里⇒裏松郷⇒田中交差点である。

越生やまぶきの里から笠山を遠望する。いかにも陣笠のようである。笠山の中腹にかすかに栗山線が見える。

2007112301

玉川棒道を経て、雀川上雲線をゆったりと登る。雀川上雲線は「陽だまり林道」的なイメージがあったが寒かった。日陰と日向で体感温度が大きく違う。最高点に到着。気温8度。笠山を望む。写真でわかるとおり、栗山線は笠山本体の中腹に開設されているのではなく南東側の別のピークの中腹にあることが分かる。ある意味、笠山は単独では笠山たりえないとも言えるだろう・・・・・。地形図を見る限り、南東側のピークは笠山の尾根筋というよりは独立した山である、と捉えればの話であるが。

2007112302

ラジュモハンから東秩父方面に進んだ切通しにあるコンビニ「Yショップ小川きりどうし店」で暖かい飲物を補給。お店の方と会話する。私と同年代と思われたが、切通しは物心ついた頃からあり、以前お店は切通しに隣接してあったとのことだった。しかし、お店の名前に「きりどうし」が入っているとは恐れ入った。地元では切通しといえば、この切通しを指すのだろうと思う。

栗山線の起点に到着。ここから七重峠までは、峠TTによれば、5.8km、529mUP、平均勾配9.12%である。最初からTTをするつもりはまったくなく、探訪モードでまったりと登る。

2007112303

栗山支線分岐を経て延命水に到着。車で水を汲みに来ている方が大勢いる。写真の地点が最も風情があるが、その下2箇所にも水場がある。

2007112304

七重峠に向けて再び登り始める。まず北側の眺望が開けてくる。日光の男体山などが見える。近くに目を移すと栗山の集落が見える。写真では見えないが、畑の周囲には猪よけのトタン板の柵がめぐらしてある。集落内にはみかんが沢山に実っていた。きっと暖かいのだろう。

2007112305

更に進むと東側がよく見える。写真は小川町方面である。写真の右端中央附近がラジュモハンのあたりである。また、手前に見える送電線は、東京電力が建設している「西上武幹線」である。群馬県中之条町にある開閉所と鶴ヶ島市の新所沢変電所を結ぶ送電線とのことである。前から、この送電線は気になっていたが、栗山線起点に向かう途中の作業所の看板で名称が分かった。更に進むと南東方向の眺望が一気に開ける。来た甲斐がある。やがて、栗山七重線の起点を経て七重峠に向かう。しかし、不思議なことはあるもので、栗山七重線の起点標識が林道の分岐点ではないところにあった。これは理解に苦しむ・・・・。周囲の森林管理道案内図の情報などを総合すると、おそらく標識の位置が違っているとしか思えない。

2007112306

七重峠に到着。さすがの景色である。くっきりとは見えないが、新宿のビル群やさいたま新都心のビル群も見える。近くには、弓立山が小さく見える。

2007112307

白石車庫側に下りようかとも思ったが、栗山線を戻り栗山支線を走ることにする。栗山支線は全体的には平坦で走りやすい。途中で分岐することもなく萩帯線となる。萩帯線を走って行くと御堂笠山線の分岐に桜が咲いていた。盛りは過ぎているがきれいである。

2007112308

御堂笠山線を走ろうと思って来たのだが通行止。通行止のウマに付いていた道路占用許可書や道路使用許可書を見ると、先ほど見た「西上武幹線」の工事のためであることが分かった。期間は11月30日までである。諦めて萩帯線をそのまま下る。写真は萩帯線の起点附近の風景である。遠くには秩父高原牧場が見える。

2007112309

今日のツーリングで、笠山周辺の林道が頭の中にインプットできた。笠山周辺の全体的な印象とすると、ゆったりと時間が過ぎている・・・感じかな。でも、日陰は寒かった。

« C組ハイキング? | トップページ | 七重峠その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/17163310

この記事へのトラックバック一覧です: 七重峠:

« C組ハイキング? | トップページ | 七重峠その2 »