« 山伏峠TT | トップページ | 七重峠 »

2007年11月17日 (土)

C組ハイキング?

C組ハイキング?などというと中学校の遠足みたいだが、3UPハイキング同好会のC組である。長短取り揃えてABCの3コースを設定して歩く?という企画で、初めて参加させていただいた。

当方の歩いたコースは、飯能から西武池袋(秩父)線に乗り、正丸駅で降りてから歩き始めるもので、正丸駅⇒旧正丸峠⇒正丸峠⇒伊豆ヶ岳⇒天目指峠⇒子の権現⇒東郷公園・秩父御嶽神社⇒吾野駅である。

まず西武池袋(秩父)線に乗る。久々である。その昔、奥武蔵駅伝の際に乗ったことを思い出す。いろいろのことが思い出された。正丸駅に着き、準備を整え旧正丸峠に登る。いつのことか忘れたが一度だけ来た記憶がある。

ところで、この峠が旧正丸峠になったのは、いつ頃なのだろうかなどと思い調べてみた。埼玉県教育委員会発行の「秩父甲州往還」(平成2年)によれば、明治28年からの紆余曲折を経て、明治42年の県議会での決定を経て「吾野通り」が改修されるに至ったとのことである。つまり、その頃までは、この峠は正丸(秩父)峠として、確実に現役であったことになる。更に調べてみると、現在の正丸峠に自動車道ができたのは昭和に入ってからのことらしい。しかし、旧正丸峠という呼び方は「新正丸峠」がメジャーであればこその呼名であり、本来は、現在の旧正丸峠が真の正丸峠であり、現在の正丸峠は「新正丸峠」と呼ばれるのが筋かとも思うが、利用の仕方も異なることで、今の呼名が妥当なのだろう。(※この段落については2007(H19)/11/19一部修正。)

2007111701

続いて現在の正丸峠を経て伊豆ヶ岳に登る。今回は女坂を登った。頂上で小休止。「ヤッホー」とか叫ぶと、遠くの山にコダマして面白かった。写真は伊豆ヶ岳からの下り。紅葉がきれいだった。

2007111702

その後、稜線を歩き天目指峠へ。この峠に来たのはいつ以来だろう。少なくとも最初に来たのは38年前である。

2007111703

それから子の権現への登り。ここまでも同行の皆様の足を引っ張ってきたが、ついに、ここで決定的に遅れてしまった。心拍は166でハーハーゼイゼイ状態。苦しかった。寒い中をお待たせして申し訳なく思う。

子の権現でお参り。その後、下りに入るが、この辺りで脚がボロボロ。登りはともかくも下りがつらい。24時間テレビのマラソンランナーが一歩づつ歩んでいく状態が始めて分かった感じ・・・。多少、勾配が緩やかになると、皆様から遅れていることもあり走ろうとするが、うまく走れない。無理。結局は歩くことを選択。約3キロ程度の単独歩行を経て、東郷公園で皆さんと合流。この公園は、国道299号線から横目に見たことは何度もあるが、訪れたのは初めて。紅葉が非常にきれいだった。また、山頂?の秩父御嶽神社までの階段は強力である。勾配といい段数といい、かなりの水準だと思う。写真は東郷元帥の像と紅葉。

2007111704

お参りを済ませたのち、甘酒を飲んで吾野駅に向かう。

明日はすごい筋肉痛だと思う。焼け石に水かもしれないが、ストレッチだけはしておこうと思う。歩行距離:約15キロ、所要時間5時間22分、最大心拍数166、2,878kcal消費。

« 山伏峠TT | トップページ | 七重峠 »

コメント

お疲れ様でした
ハイキング同好会、いかかでしたか?
筋肉痛でのロボット歩きは皆さん、一度は通ってきている道
そのうち、平気になるはずです?
またご一緒しましょう
よろしくお願いします

足だけが、コロッケの五木ロボットみたいな感じ(^^; と言いたいところなのですが、歩くにつれてバランスを取ろうとするのか、腕も勝手に動くという状態です・・・・orz
まあ、徐々に、段々に、時が解決してくれそうです。
次回はともかくですが、また参加します。よろしくお願いします。

C組....決して騙した訳では御座いませぬ♪
本当にお疲れ様でした!

運動する事、僕の場合心拍領域を何処に目標を置くかということに結びつけてしまいます。
これ、面白いです。
短距離、中距離、長距離、人によりそれぞれ距離感覚は異なりますが距離、時間によってその日の目標心拍数を考えて運動をするようにしています。
昨日の釣りは特に問題は無かったのですが、夜には明らかに歩行が困難、今朝からは完全ロボット歩きです。ま、第一回目、こんな物で済んだって感じかな?
ところで、ゴルフですが....
プレー中の姿をこっそり覗いて見たかったなー、下手なお笑いを見るよりも笑えたかもネ♪

快調さん始め皆様にはお世話になりました。N@mikiさんにC組を設営していただかなければ、きっと参加していなかったと思います。手頃なコース(^^ )なので、再チャレンジさせていただきます。
ゴルフは、ハイドレを背負ってはいきませんでしたので大丈夫でした・・・。アレレレレッ~。
本当は悲惨でした。ティーグランドとグリーン上が難所です。ボールを置いたり拾ったりが、もっともインパクトのある瞬間です(^^; あとはラフの斜面ですね・・・。スコアは語るまでもありません。
今後ともお世話になります。よろしくお願いしますm(_ _)m

どうして?3upには、バイタリティの塊のようなオジサマが集まるんでしょうか??
また1人増えたかな??????

奥武蔵の山々を自転車で探訪しているおじさんです。お世話になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/17102651

この記事へのトラックバック一覧です: C組ハイキング?:

« 山伏峠TT | トップページ | 七重峠 »