« 牧道 | トップページ | 雨に降られてしまった »

2007年10月 7日 (日)

有間峠

秋晴れ2日目。どこに行こうか色々と悩んだが、朝の青空を見て、最終的にロードバイクで行ける奥武蔵の最高地点「有間峠(1,142m)」に決めた。有間峠は以前から師匠と一緒に行く約束をしていたのだが、師匠は休みなしで稼ぎまくっている?らしいので、一人で行かせていただくことになった。

特別装備品は、「鈴」である。名付けて「熊&苦魔除け鈴」。昨晩、家にあった縁起物の鈴を流用して作製したものである。大勢の方のブログや飯能市の公式HPを見ると、有間峠への林道附近には、今年すでに熊の出没実績があるので、鈴を用意することにしたのである。

有間ダムに到着。良い天気で、遠くの山の中腹に、これから登る「森林管理道広河原逆川線」が見える。ダムの近くでは、何人かが距離スキー?の練習をしている。見た目には結構暑そうである。きっと、冬が待ち遠しいに違いない・・・と思う。

2007100701

名栗湖の左岸を走り、観光釣場のある沢の分岐地点まで走る。自動販売機でスポーツドリンクを補給する。丁度、3UPの方にお会いしたので二言三言、話を交わす。いよいよ広河原逆川線の始点である。

2007100702

登り始める。事前情報では、稜線の直下に取り付くまでで5.9キロ、平均勾配10.3%とのこと。最初からファイナルローに入れて、無理せずに行く。路面は、結構荒れていて、原始人が作りそこなった石器の破片のような石が散らばっている。師匠からは「パンクするとすれば下り・・・。」とのアドバイスを受けてはいるが、登りでもパンクしそうである。しかし、通行量は思いのほか多い。多いと言っても10台程度ではあるが・・・。四駆系、250ccくらいのトレイルバイク、自転車はMTB4台など。これだけの人が入っていれば、熊除け鈴はいらなかったかなあと思うが、ハンドルでは苦魔除け鈴がリンリン鳴っている。良い景色に思わず立ち止まる。きれいである。

2007100703

だんだんに高度を高めていくと深山幽谷の風情に変わってくる。

2007100704

有間峠に到着。今回は、ゆるゆる登ってきたので、大して苦しまずに、いつの間にか着いてしまった感じである。林道の始点から、距離10.5キロ。所要時間1時間30分51秒。獲得高度783mである。峠には駐車している車がいっぱいで、そして原チャリまであるではないか。ちょっとイメージ違い過ぎ。

2007100705

有間峠からの定番の風景を見る。確かに、ダムからこちらが見えたのだから、こちらからダムが見えるはずである。

2007100706

ウインドブレーカーを着て、あとは素直に下る。県道に出てからは結構快調に走れる。飯能市原市場の中華料理店「むさしの」に寄って、中華丼@800円を食べる。おいしかった。

2007100707

その後、ディレイラーの調子がイマイチなのでCHMに寄って調整してもらい、帰路に着く。

« 牧道 | トップページ | 雨に降られてしまった »

コメント

とうとう登っちゃいましたね!こんな日和にたっぷり有間なんて、坂○○○?さんには「こてぇーさんねー」一日でしたね?羨ましい限りです。
当方、誘導棒を空しく振っていると、見知った糊の方が何人も「どぉーもー」と言って、目の前を颯爽と漕いで行きました。
何か、フラストレーション溜りまくりの一日でした。


どぉーも、どぉーも(^_^)V 私は坂が大キライなんですが、大して苦しみもせず行っちゃいましたねえ。有間峠。今度はどこ行きましょうか? ヨロシコ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/16688546

この記事へのトラックバック一覧です: 有間峠:

« 牧道 | トップページ | 雨に降られてしまった »