« 林道栃屋谷線 | トップページ | 十石峠 »

2007年8月25日 (土)

彩の国ふれあい牧場

今日は、CHMのロードツーリングに行こうかどうか迷ったが、現在の体調では、とても皆様に着いて行くのは無理と判断し、単独で、かつ「まったりペース」で、久々に東秩父方面に出かけることにした。定峰峠から北の奥武蔵主脈に取り付いたことがないので、その方面を目指す。

まずは、ときがわ町田中交差点から北進し、横松郷に入る。正式には、ときがわ町管理の森林管理道雲河原線である。今日は、始点も終点も明確に確認できた。始点は、小峰養鶏場脇の急坂を上った地点である。県道から途中の石碑までで19分6秒。結構、まったりペースである。

2007082501

松郷峠から小川町に下りる。ラジュモハンの脇で橋を撮影。この橋については、こちらのHPを参照してみて欲しい。きまぐれ旅写真館  「トップページ」⇒「第7回関東地方の川」⇒「槻川の古い橋」と進む。この橋に関する由来来歴等の非常に綿密な調査に驚かれるはずである。

2007082502 

続いて東秩父村に進む。ケイデンスは平均79。前回に比べるとかなり「まったり」。途中でふれあい広場の写真を撮る。

2007082503

東秩父村を進み落合のT字路を左折する。村立西小学校を過ぎたところで、森林管理道二本木線に入る。延長は6,208m。起点は県道との分岐点である。最初のうちの九十九折はかなりの勾配。加えて日影がほとんどない。脈拍は170近くになっている。途中、集落の上端部で、この勾配のアスコン舗装って、どうやったんだろう?と考えてしまうような勾配の箇所が1箇所。とにかく暑い。

やがて、林の中に入る。見覚えのある景色に下の写真の地点に来てドキッとした。

2007082504

やがて牧場が見えるようになる。記憶の中では「登谷山高原牧場」かと思っていたが、こちらの記憶は曖昧で、実はかなり南に離れた「彩の国ふれあい牧場」であった。しかし、気分はスイス。いや北海道か。それとも岩手県葛巻町か。でも暑い。

2007082505

走っていくと起点より6キロの標識。かなり、かわいい標識である。残りは少ない。

2007082506

ここが森林管理道二本木線の終点である。途中の景色はかなり気分がいい。牧場を背景に笠山や白石峠方面が見えたり、東秩父村の耕地が良く見えたり、寄居方面をみると鉢形のゴルフ場なども良く見える。

2007082507

下の写真は、彩の国ふれあい牧場の建物から笠山方面を見たところ。

2007082508

清泉寮にしても、神津牧場にしても、牧場と言えば、ソフトクリームという感じである。大と小があり、写真は小で@200円。ソフトクリームは、坂の途中から楽しみにして登って来たが、牧場施設の中に売店はなく、少し南に下った地点にある。営業日は、土日に限られているようだった。

2007082509

以降は下り。森林管理道二本木線起点の450mくらい上の地点に下りられる。こちらは道は広いが、やはり、かなりの急勾配の箇所がある。その後、落合、裏松郷、西平711と進む。最後に、過去にたどりつけなかった温泉スタンドを通過することにする。通り抜けてみれば、「ああ、この道にでるのかあ・・・」という感じであった。

2007082510

今日は、平均ケイデンスは64で、平均心拍は134であった。まあ、暑いので無理は禁物だが、結構、「まったり」できた感じである。おじゃ~あ。

« 林道栃屋谷線 | トップページ | 十石峠 »

コメント

こんにちは。初めてコメントさせて頂きました。いつも拝見しております。写真がとても綺麗ですね。これからも更新よろしくお願いします。

ありがとうございます。いつも写真を撮るのは難しいと思っています。構図も難しいし、ピンボケもあるし、はたまた露出がどうしようもなかったりと、コンパクトデジカメも難しいです・・・。今後とも、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/16236633

この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国ふれあい牧場:

« 林道栃屋谷線 | トップページ | 十石峠 »