« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月26日 (日)

十石峠

今日は8月最後の日曜日。夏休みを決め込んで、国道299号線の十石峠に挑戦することにした。以前に、師匠と一緒に行こうとは話し合っていたのだが、師匠は、仕事続きで忙しそうなので、『抜け駆け』のそしりを覚悟のうえで、早朝、愛車に愛車を積み込んで出発。師匠、申し訳けございません m(_ _)m 上信越道の下仁田ICから群馬県道45号線を経由して上野村に入り、上野村役場に到着。役場近くの河川敷に車をデポして十石峠に取りかかることにする。写真は上野村役場。役場の下流側には消防車や救急車の車庫があった。銅像の方は、推して知るべしという感じか。役場の庁舎前に銅像を建立しても、村民に違和感はないのだろう。

2007082601

今日は、懐古趣味で十国峠を登ろうと思うので、あえて新道を避けて旧道を走る。距離はかなり伸びるが、車も来ずにポタポタと走れる。そして、昔からの川沿いの道なので、無理な工事はされておらず勾配も適切、かつ日影もあって涼しい。旧道を走っていると、村民の方から挨拶される。さすがに山村の人情を感じる。

2007082602

途中、乙母トンネル、乙父トンネルなどの入口(出口)のみを見る(すでに車で走ってはいるのだが・・・)。その昔、走ったときにはトンネルはなかった。その後、慰霊の園によって、冥福をお祈りする。

2007082603

いよいよ、ぶどう峠との分岐を通過して、十石峠への山道に入る。写真は最初に目に付いた299の道標。

2007082604

たんたんと登っていく。定峰峠くらいの勾配が続く感じだろうか。道中で、もっとも勾配がきつかったのが下の写真の地点。災害復旧か何かで造られた橋らしく、平成16年3月竣工の銘板がついていた。橋の下には垂直に交わる感じで旧道?が走っていた。新しい道路はサイクリストに優しくないのかもしれない。同じ車道でも歴史のある道の方が人に優しい感じがする。

2007082605

林道矢弓沢線の分岐を過ぎたあたりから高原のイメージになってくる。落葉松に白樺。いい感じである。登るにつれて、森の植生や香りが変化する。自転車で、ゆっくり登っていればこそ味わえる森の香りである。この辺りから登ったり下ったりを繰り返すことになる。でも予め承知しているので苦にはならない。

2007082606

ついに十国峠に到着。ぶどう峠への分岐から、距離は15.7キロ。ロードバイクで走った最も長い峠道である。平均ケイデンスは55。平均心拍は144。獲得高度は739m。峠の気温は23度である。涼しい。途中追い抜かれた車は3台。内1台は役場の側にあった救急車。すれ違った車は数台。パトカー、救急車他。残念ながら自転車には会わなかった。

2007082607

十石峠展望台。長野県側にある。登ってみると、涼しくて、また良い眺めである。西上州や埼玉県秩父地方の山々が良く眺められる。

2007082608

長野県側に降りては帰り着けなくなりそうなので登ってきた道を戻る。ススキの穂がきれいに出揃っていた。

2007082609

しばらく走ると「水の戸」なる石碑があった。そこそこに古い感じはするが、表には「秩父市」とか「佐久町」とかの道案内が刻んであるので、新しい石碑である。由来も意味も憶測すらできない。建立したのは個人の方である。

2007082610

下りは、途中から林道矢弓沢線を下ることにする。結構な勾配の下りである。下りる地点は299ではなく、ぶどう峠へ向かう道の途中である。

2007082611

十石峠から30分程度で299のぶどう峠への道の分岐に下りてきた。この案内標識は面白い。本来なら「Jikkokutoge」のはずであるが、かなり頭の柔らかい道路管理事務所の職員が作ったのだろう。でも、今では学校の試験でもない限り、「Jukkokutoge」かもしれない。

2007082612

お腹が空いてきたので、昼食にする。とりあえずJAマート・焼肉センターに寄る。神流川の清流を眺めながら食事ができる。

2007082613

注文したのは「猪ぶうカレー」@600円である。イノブタの肉が入っているとのお店の人の話だった。カレーの上には、焼肉の野菜がトッピングされている。味は、まったく辛くない。でも疲れてくるとカレーや味噌ラーメンが食べたくなるのはなぜだろう。

2007082614

腹ごしらえも済んだので観光モードに入る。林道川和線を登って上野スカイブリッジ(天空回廊)を目指す。しかし甘くはなかった。距離は2キロ。獲得高度は168m。トータルするとそれほどの勾配でもないが、前半の勾配は相当のものである。また、観光客の車も多く走りづらい。車がすれ違う所に出会わすと停止せざるを得ない。ちなみに、この林道は全線コンクリート舗装である。

2007082615

上野スカイブリッジに到着。よくもまあ、この山の中に・・・という感じ。渡るには往復100円の協力金が必要。さすがに自転車で渡るわけにもいかず、元来た道をUターン。

2007082616_2

林道川和線からの景色。手前の河川のように見えるのが国道299号線の新道。旧道は、遠方に見える山の麓を川と平行して走っている。畑の作物は、コンニャク、大豆などであった。

2007082617

最後に、せっかく上野村まで来たので、「浜平温泉しおじの湯」で疲れをいやすことにする。入浴料4時間まで@500円(子ども・高齢者等は別料金)。浜平温泉は、その昔、ベロ出版社の「ニューサイクリング」という雑誌で、西上州のパスハン的な記事が多く掲載されていた頃の印象では、「秘湯」であったはずである。しかし、随分と様変わりして、入浴しやすくなったものである。
2007082618

これにて、夏休みは終了である。良い夏休みであった。

2007年8月25日 (土)

彩の国ふれあい牧場

今日は、CHMのロードツーリングに行こうかどうか迷ったが、現在の体調では、とても皆様に着いて行くのは無理と判断し、単独で、かつ「まったりペース」で、久々に東秩父方面に出かけることにした。定峰峠から北の奥武蔵主脈に取り付いたことがないので、その方面を目指す。

まずは、ときがわ町田中交差点から北進し、横松郷に入る。正式には、ときがわ町管理の森林管理道雲河原線である。今日は、始点も終点も明確に確認できた。始点は、小峰養鶏場脇の急坂を上った地点である。県道から途中の石碑までで19分6秒。結構、まったりペースである。

2007082501

松郷峠から小川町に下りる。ラジュモハンの脇で橋を撮影。この橋については、こちらのHPを参照してみて欲しい。きまぐれ旅写真館  「トップページ」⇒「第7回関東地方の川」⇒「槻川の古い橋」と進む。この橋に関する由来来歴等の非常に綿密な調査に驚かれるはずである。

2007082502 

続いて東秩父村に進む。ケイデンスは平均79。前回に比べるとかなり「まったり」。途中でふれあい広場の写真を撮る。

2007082503

東秩父村を進み落合のT字路を左折する。村立西小学校を過ぎたところで、森林管理道二本木線に入る。延長は6,208m。起点は県道との分岐点である。最初のうちの九十九折はかなりの勾配。加えて日影がほとんどない。脈拍は170近くになっている。途中、集落の上端部で、この勾配のアスコン舗装って、どうやったんだろう?と考えてしまうような勾配の箇所が1箇所。とにかく暑い。

やがて、林の中に入る。見覚えのある景色に下の写真の地点に来てドキッとした。

2007082504

やがて牧場が見えるようになる。記憶の中では「登谷山高原牧場」かと思っていたが、こちらの記憶は曖昧で、実はかなり南に離れた「彩の国ふれあい牧場」であった。しかし、気分はスイス。いや北海道か。それとも岩手県葛巻町か。でも暑い。

2007082505

走っていくと起点より6キロの標識。かなり、かわいい標識である。残りは少ない。

2007082506

ここが森林管理道二本木線の終点である。途中の景色はかなり気分がいい。牧場を背景に笠山や白石峠方面が見えたり、東秩父村の耕地が良く見えたり、寄居方面をみると鉢形のゴルフ場なども良く見える。

2007082507

下の写真は、彩の国ふれあい牧場の建物から笠山方面を見たところ。

2007082508

清泉寮にしても、神津牧場にしても、牧場と言えば、ソフトクリームという感じである。大と小があり、写真は小で@200円。ソフトクリームは、坂の途中から楽しみにして登って来たが、牧場施設の中に売店はなく、少し南に下った地点にある。営業日は、土日に限られているようだった。

2007082509

以降は下り。森林管理道二本木線起点の450mくらい上の地点に下りられる。こちらは道は広いが、やはり、かなりの急勾配の箇所がある。その後、落合、裏松郷、西平711と進む。最後に、過去にたどりつけなかった温泉スタンドを通過することにする。通り抜けてみれば、「ああ、この道にでるのかあ・・・」という感じであった。

2007082510

今日は、平均ケイデンスは64で、平均心拍は134であった。まあ、暑いので無理は禁物だが、結構、「まったり」できた感じである。おじゃ~あ。

2007年8月19日 (日)

林道栃屋谷線

7月28日にCHMのロードツーリングで走った林道が、明確にどこか分からないままでいた。いつかは調査しなくては思いながらも、ついつい今日になってしまった。まず、林道長尾坂野口入線を走る。

2007081901

この林道の峠は東峠と呼ばれているらしい。本当に小さな手作りの標識があった。峠の道路上には空気弁が設置されている。ということは圧送管が地下に埋設されているということか。そう言えば、林道に取り付いたばかりに「野口入りポンプ場」があった。

2007081902

峠を降りて、これから進む東吾野方面を望む。グリーンライン方面がきれいに見える。谷底にある集落が東吾野である。

2007081903

しばらく坂を下ると、大きなコンクリート工作物があった。長尾坂配水場である。結局、原市場・名栗の谷から、東峠を越えて上水を圧送し、この配水場から吾野側に給水しているということなのだろう。

2007081904

下の標識の地点で林道長尾坂野口入線ともお別れである。

2007081905

しばらく下って左手に東吾野小学校が山の上にある地点まで進む。写真は東吾野小学校。

2007081906

小学校の入口から林道(森林管理道)平坂飛村線がスタートする。

2007081907

平坂飛村線をしばらく進むとY字路というかT字路というかに突き当たる。右から登ってきている林道が林道吾野飛村線である。国道299号線から橋を渡って分岐して来ている。

2007081908

上の写真の道を左に進むと、下の写真の林道栃屋谷線の分岐点に到達する。林道栃屋谷線に入らずに下ってみると、平坂飛村線の表示だけがあった。結局、吾野飛村線の終点が見つからないが、上の写真の地点かも知れないし、飛村という地名が入っているところ見ると、平坂飛村線と重複認定されているのかもしれない。看板上の管理者は、平坂飛村線は埼玉県、吾野飛村線が飯能市である。重複認定なのだろうか。

2007081909

上の写真に写っている林道栃屋谷線の、かなり年季の入った看板が下の写真。ここから長い急坂のコンクリートロードがスタートする。

2007081910

ここが急坂を上り終えたコンクリートとアスファルトの境界。遠景にはグリーンライン方面が写っている。

2007081911

下の写真が、林道栃屋谷線の最初の峠である。上の写真の道路舗装の境界からほどない距離にある。最初の峠というには理由があって、この後、下りと登りを繰り返すことになるからである。下った地点は、子ノ権現への登り口で、林道栃屋谷線の終点である。

2007081912

これで、謎が解けた。今夜はゆっくり眠れそうである。

2007年8月 5日 (日)

奥武蔵グリーンライン

グリーンラインの北向地蔵から笹郷線分岐までの区間を、ロードバイクで走ったことがない。今日は、とりあえず最低でもその区間を走り、調子がよければ大野峠まで走って、グリーンライン全線を走ることを目的に出発する。

今日は第14回奥武蔵ウルトラマラソンの開催日である。グリーンラインに乗り入れるには、ランナーより先回りしなければならない。早朝起床。ふと「寝台白布父母より受く。敢えて起床せざるは孝の始めなり。」との従兄弟の言葉を思い出す。かなり良く出来たパロディである。

鎌北湖から北向地蔵に取り付くべく、毛呂山総合公園を目指す。奥武蔵ウルトラマラソンのスタートはまだであった。間に合った。本日のスタート前の様子。800人以上。2007080501 奥武蔵ウルトラマラソンHP

ランナーの皆さんが林道滝ノ入線方面に向かっているうちにグリーンラインに向けスタート。鎌北湖、北向地蔵を経て、天文岩を通過。天文岩に写真のような社は昔からあったかなあ。あまり記憶にない。この近辺にもウルトラマラソンの給水所があった。およそ3キロ毎にあるらしい。確かに猛暑の中、75キロも自分の足で走るのでは、余ほど小まめに給水しないと脱水症状になってしまう。

2007080502

林道、いや権現堂線だから森林管理道か、を進んでいくと、ところどころにノボリがたっている。この辺りから腰のあたりが痛み出す。

2007080503

笹郷線分岐に到着。給水ボランティアの方と話をする。写真を撮っておけば良かったが、すごい量の物資がある。まあ、800人以上分の往復分だからそれなりになる。4人の方がレモンを切ったりして仕込みをされていた。当方は、腰の調子がイマイチなので大野峠までの道はあきらめて、笹郷線を下り、ポタポタと帰宅への道を急ぐ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »