« ガシガシ?走る | トップページ | 奥武蔵グリーンライン »

2007年7月28日 (土)

林道長尾坂野口入線

今日はCHMのロードツーリングに参加した。2週間、まったく自転車に乗っていなかったし、疲れがたまって若干体調不良気味なので、自分なりのペースで自宅周辺を走ってみようか、それともCHMのロードツーリングに行こうか迷ったが、結局、CHMのロードツーリングに出掛けてみた。走り始めは重かったが、そのうち結構調子が出てきたので、大丈夫な感じを実感し、集合出発地点を目指す。

集合出発地点では、過日のMTB全日本選手権で優勝した店長へのお祝いの言葉が飛び交う。全日本選手権優勝者は全日本チャンピォンである。今まで何気に話していたが、おそれ多いことであった。

今日は大人数である。メンバー的にも多士済々。飯能市から名栗方面に向かい、林道長尾坂野口入線に入る。初めて走る林道である。登りは140mくらいしかなく、登りの距離も2キロはない。全力で登る。心拍は170以上をキープでハーハーゼイゼイ状態。こんなに追い込んだのはロードバイクに乗り始めて初めてのことである。その後は下って東吾野に抜ける。下りカーブでのフォームを見てもらう。もっと早く体勢を整えた方が良いとのことだった。実際にやってみると確かに出口で膨らまなくて済んだ。今日は、おそらく終点から起点に走ったのではないかと思うが、憶測である。写真は、林道長尾坂野口入線峠部分。

2007072801

東吾野からは、再び林道に入る。名称は不詳。インターネットで検索しても特定できない。調査が必要。高麗川右岸の山林をコンタリングしながら上流に向かっていく林道である。延長は7.6キロ程度で中藤上郷に出る。きつい登りもないが、かと言ってぬるくもない。登ったり下ったりで進む雀川上雲線的なイメージ。この林道は嫌いではないが、位置と方角から冬は寒そうな林道だと思う。

これで下りかと思ったら甘かった。どこを登ったのか特定できないが、中藤上郷の谷(ヤツ)を詰めていく感じなのかなと思う。こんな長いコンクリート舗装の急坂は登ったことがない。桂木線などは問題ではない。コンクリート舗装の作業をした皆様に頭が下がる。スタンディングすると立ちゴゲしそうだし、かといって、サドルに腰を着けたまま登るにはとにかく勾配がきつ過ぎる。店長の言うには、これだけの勾配では腰を痛めるので、腹筋や背筋が鍛えられている人は格別、骨盤を立てるべく上体を起こして登るとのことであった。発言の趣旨を正しく理解しているかどうか疑問だが、まあ、キツイのは確か。

さあ下りと思うと再びの登り。ガクッと来るが、まあまあに頑張ってクリア。後は飯能市街を目指して下っていく。集団走行でガンガン行く。まだ前の自転車にビッタリつけるのが恐い。前輪を後輪に当ててしまいそうな感じがある。これも場数(ばかず)だろうか。

暑い日だった。

トラックバック ⇒ わんわんちゃりの日記 http://plaza.rakuten.co.jp/wanwanchari/diary/200707280000/

« ガシガシ?走る | トップページ | 奥武蔵グリーンライン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/15931853

この記事へのトラックバック一覧です: 林道長尾坂野口入線:

« ガシガシ?走る | トップページ | 奥武蔵グリーンライン »