« アンパンマン・・・ | トップページ | 林道長尾坂野口入線 »

2007年7月16日 (月)

ガシガシ?走る

2日間も台風4号の影響で家に閉じ込められていたので、夜明けとともに活動開始。諸事万端、準備怠りなく、いざ出発。師匠からは、私が物欲地獄に落ち、カンパ・コーラス・ウルトラトルク・コンパクトクランクを購入したとの誤解を受けている。「前3枚が何を言うか・・・」の声が気のせいか聞こえるが、ここは誤解を晴らすべく王道を歩む(^^; プライオリティー1のエンジンのチューンナップに取り掛かる。コースは、玉川棒道⇒雀川上雲線⇒松郷峠⇒東秩父村⇒落合⇒白石車庫⇒定峰峠⇒白石峠⇒堂平天文台手前折返し⇒白石峠⇒高篠峠⇒大野峠⇒刈場坂峠折返し⇒奥武蔵支線⇒西平⇒弓立山中腹⇒越生梅林⇒シロクマ(定休日)

玉川棒道はケイデンスを上げて走る。平均96回転で乗り切る。雀川砂防ダムへはそこそこのペースで走る。日影神社を過ぎた急坂でギアを変えようとしたところチェーンが外れた。初めての出来事である。要領は心得たが、日頃の掃除不足もあって指先は真っ黒。雀川砂防ダムを遠望する。堰堤から直接水が流れ落ちている。砂防ダムだから、将来的には当然の光景だが、現時点では大雨の後でないと見られない。

2007071601

森林管理道雀川上雲線に取り掛かる。台風の後で、倒木があったり、水が大量に流れていたりすることを想定して入る。案の定、倒木もあるが、すでに通行に支障のないように片付けられている。途中のカーブでラリー仕様の車とすれ違う。両脇から草が道路に覆いかぶさっているので、道幅は1台分。そこにブンブンとアクセルを踏んで突っ込んで来るのだからたまらない。当方が、草に顔や腕を擦られながらよける。森林管理道の両端に車止めがあるので、車は来ない前提で走っていたが、考えを改めなければならない。タイムは18分57秒で、ケイデンスは64。自己新記録である。その後は、松郷峠、東秩父村と平均ケイデンス88で進み、落合で飲物を補給。その後、師匠関係者の持ちタイム36分を目標に定峰峠制覇を目指しスタート。しかし、いきなりクリートが入らない(^^; さすが初心者マーク。ケイデンスを上げながら進むが、民家が途切れ、道路一面が真っ赤になったあたりでインナーに落とす。苦しい。白石車庫で休むつもりはなかったが、軟弱にもついつい休憩。ここまでで25分近くかかっている。仕切り直しである。臨機応変に目標を変更する。さすがに人生経験が活きている。前回は、26分49秒でケイデンス64で登っているので、自己記録更新を狙う。今回は、26分03秒でケイデンスは68。ここでも、一応自己記録更新。定峰峠でアイスの誘惑に負け、金時アイス@150円を食べる。その後白石峠に登り、台風後の関東平野を眺めるべく、堂平に向かって登る。山に遮られて筑波山は見えない。

2007071602

下りて、白石峠、高篠峠、大野峠と進む。森林管理道丸山線は大野峠が終点であることを確認。

2007071603

刈場坂峠に到着。関東平野が一望できる。写真はイマイチだが、右の桜の木の枝の下当たりに筑波山が見える。当然に、東京、さいたま市、所沢市も一望できる。

2007071604

R299に下るのも、元来た道を大幅に戻るのもイヤなので、奥武蔵支線を下ることにする。初めて下る。第一印象とすると距離が長い。途中ですれ違ったローディーは2人。かなりキテル感じだった。

2007071605

ときがわ町西平に到着し、一休みすることにする。「菜の花茶論」に寄らせていただく。場所は西平運動場の東側で専用住宅の一部を改造した喫茶店?である。

2007071606

店内の雰囲気は下の写真が物語るとおり、非常にかわいらしい感じである。店主がどうお考えかは知らないが・・・ロードバイクに跨った猛者(もさ)たちがゾロゾロと行くようなお店ではない。実際、スリッパに履き替えるようだし、カロリー補給になる食事系のメニューもない。私自身も、ハネが上がった泥だらけの脛とお尻で上がるのは、かなり躊躇した。まあ、ゆったりとロハス系・・・という所だろうか。しかし、コーヒーは非常においしかった。また、手作り羊羹(日によってクッキーとかにもなるらしい)もおいしかった。コーヒー(手作りお菓子付き)@350円。おいしさと雰囲気から考えると安い。営業日と営業時間は、月曜、金曜、土曜の午後のみらしいので注意が必要。

※2008年(平成20年)3月8日追記 営業内容が変更されていました。営業日:木曜・金曜・土曜 営業時間:午前11時30分~午後6時 軽食も始められたそうです。

2007071607

これでリラックスし過ぎたのか大ポカをしてしまった。ときがわ町の温泉スタンドを知らないので、一度は行ってみようと思い出発。しかし、はるか手前の西平交差点を南に曲がってしまった。いつまでたっても温泉スタンドはなく、やむなく、草むしりをしていたおばさんに聞いてみて・・・ガーン! 曖昧な記憶に頼ったのが敗因。戻るのも悔しいので、迷ったときは戻るのが鉄則なのだが・・・おばさんの話では、ゴルフ場の脇を通って越生町に抜けられるとのことなので直進。しかし、短かいけど結構ハードな道だった。スタンディングで踏むと、路面が濡れて苔むしており後輪がスリップ。立ゴケ?しそう。急坂を抜けるとゴルフ場の周回路にでる。開発工事で区域内にあった道路を付け替えた感じの道である。見晴らしは良い。

2007071608

この後、クラブハウスに突入しそうな不安を感じながら進むが、ちゃんと弓立山の中腹に抜けられた。弓立山には巨大な望遠レンズを構えて写真を撮っている方がおられた。たしかに、関東平野が一望でき、かつ、非常にクッキリと見える。こんなチャンスはめったにないのだろう。お腹が空いたので、シロクマを目指す。途中で定休日に気付き挫折するが、一応、敬意を表して前を通る。このあとも、ガシガシ走る。自転車を満喫した一日であった。

« アンパンマン・・・ | トップページ | 林道長尾坂野口入線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216594/15779215

この記事へのトラックバック一覧です: ガシガシ?走る:

« アンパンマン・・・ | トップページ | 林道長尾坂野口入線 »