« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

初めての出来事

今日はCHMのツーリングに行った。コースは、飯能市街⇒峠越えをせずに名栗湖⇒名栗湖周回(2周)⇒仁田山峠⇒飯能市街である。走行距離は、前回とほとんど変わらない。今回は、写真を撮る時間は十分にあったのだが、なぜか撮れなかった。
目標はケイデンスを上げること。前回はアップの段階が平均(以下同じ。)82、飯能市街への下りが76だった。今回は、前回の店長の教えに従いケイデンスを上げるべくペダルを回す。結果はアップの段階86、名栗湖周回が88、飯能市街への下りが86であった。意識しただけの結果にはなっている。
今回は、最初は前回と比べペースが遅かった。速い組は峠越えをしながら別ルートを行くが、当方は、当然のことながら遅い組に入る。前回は峠越えをして平均時速23.9キロ、今回は峠越えなしで23.3キロ、必死な感じはなかったが、旧名栗村市街に入ってからの、事前通知ありのアタックには全くついて行けなかった。やはり速い。一度、離れると、再度着くことは全く不可能であった。店長に声をかけられ静々と進む。
名栗湖周回は2周で、「普段しないことをしてみよう!」との指示を受ける。当方は、すべてアウターで行ってみることにした。速い組に、着こうとする意思は、当初から全くなくマイペースで進む。1周でやめる人もおり、人それぞれに楽しんでいる感じ。この時点では、仁田山峠に登ることは固まっておらず、後は下りと思い、遅いながらも全力で回す。ケイデンスは88であった。これが悲劇の遠因である。
名栗湖の堰堤の上で、店長の話を聞く。今日は、集合場所で集団走行のローテーション、手の合図の出し方などを教えてもらっており、「講座」は2度目である。話の内容は、下りのフォームと下りカーブの曲がり方。安全にカーブを曲がるにはどうするか、危険を生み出さない方法など、実技を伴った話であった。話中、何気に止まっていても足はペダルの上。すごいなあと思う。
さて、いよいよ仁田山峠にチャレンジである。前回は、ここで果てたので、今回は、その轍は踏むまいとの気持ちだけで行く。しかし、名栗湖周回で脚は売り切れ。そして、事件は峠で起きてしまった。落車である。なぜ登りで落車するのか?、信じられないが事実である。ロードバイクに乗り始めての『初めての出来事』である。落車当時の状況は、かなり急な勾配で、心拍は173、スピードは止まる寸前、ギアは30×25T。ヨレヨレ状態で走行しており、詳細は別として、結果としてUターンをしたことになって、挙句にクリートを外す間もなく、草だらけの土側溝に転落して落車である。幸い、他車を巻き込まず、バイクも破損せず、また当方も怪我はなかった。周辺には2名がおられ、いろいろとお気遣いをいただく。ありがたい限りである。そして店長にも前回同様、迎えに来ていただく。「下を見ずに、呼吸が楽になるので前を向いて回すように」とのアドバイスを受ける。
結果として、前回以上に当方の責に帰す皆様の待ち時間を引き延ばしてしまった。(^^;
例の眺望の良い地点までたどり着き、少し下って皆様が疲れてきたところでポジション調整が始まる。程々に疲れていないとポジション調整はうまくいかないらしい。
その後は、下りのブレーキのタイミング、体勢変更のタイミングなどを先に走っている店長が声を出して教えてくれる。確かに、スイスイと進めて、先行車に追いついた。しかし、左カーブより右カーブの方がスムーズに行かない感じがするのはなんでだろう。
後は集団走行で下るのみ。案の定、千切られる。すかさず前から下がってきて、引いてくれる方が現れる。ありがたい。後ろについて行く。今度は店長が下がってきてくれて、引いてくれる。前の集団を抜いて、ペースを作ってくれる。ありがたいやら、申し訳ないやらである。
参加メンバーによってのなのかもしれないが、随分と雰囲気が違った。今日の最大の収穫は、「ロードレーサーは一人で乗れるものではない。」ということを、様々な意味で感じたことだろう。

2007年6月23日 (土)

仁田山峠

今日はCHMのツーリング(当方にとっては全力疾走?)に参加した。コースは、飯能市街⇒クリーンセンター坂⇒青梅市成木市民センター及び松ノ木トンネル近辺を使った全長10キロぐらいの周回コース(当方は1周⇒小沢峠⇒旧名栗村⇒仁田山峠⇒飯能市街

今日も写真を撮る暇はない。まずアップとしてケイデンス90くらいで10キロを集団で走る。当方はケイデンスが低すぎる(=ギアが重過ぎる。)との指摘を受ける。とにかくアップだけでアップアップ状態。成木周回コースでは、いろいろと教えてもらいながら、速い集団と離れて、適度に頑張りながら走る。ケイデンスの保ち方、ギアの切替えタイミング、下りのフォーム、その他もろもろ教えていただく。サドルの位置の調整などもありがたい。

小沢峠。南側から行くと「直登一気」と言う感じ。何年ぶりだろう。もう25年以上も来ていないのは確実。前に来たときは、トンネルが真新しかったような気がする。久々に走る。旧名栗村に入り、あいも変わらず、どんどん進む。着いて行くのが精一杯。その昔の高校時代。長距離走をしていて、先生から「他人(ひと)のペースで走ることも大切だ。」と言われたことを思い出す。まあ、そのうち出来るだろう。

仁田山峠。初めて登る。どのくらいの長さなのか勾配なのか見当もつかない。心の準備はできていないが、とにかく必死で着いていく。30×25T、心拍170超・・・orz・・・無理なものは無理・・・あっと言う間に一人旅となる。またまた、皆様に頂上で待っていただく事態となり恐縮する。登ってみれば距離は2キロ。登りも150mくらいかとは思う。しかし、内心では長い道のりだった。頂上で、クリートの位置を調整してもらう。とにかく微妙な調整なのだと思う。目で見ても、どこが前と違うの?くらいの調整。それでも乗った感じは随分違う。

しかし、この仁田山峠には先があった。この後、大きな稜線の側面を更に登っていく感じとなる。「小さな谷を目指してくだり、小さな尾根を目指して更に登る。」の繰り返し。結局は、登り! 大きな尾根の上に出たところでは、所沢方面が良く見える。ドーム球場なども見えるが、遅れている身、一瞥して合流を急ぐ。

しかし、本日も難行苦行であった。最良の処方箋は、ケイデンスを上げることなのだと思う。「ケイデンスを上げて走れば、苦しいけど頑張り続けられる。ケイデンスを上げないと頑張り続けられない。」とのことである。当方の経験上も「頑張り続けられない。」ことに関しては確かにそうである。

最大の敵である体脂肪は、生活習慣から来ているが、ケイデンスを上げずに走ろうとすることも習慣なのかと思う。それこそ20年以上前にランドナーに乗り始めた頃、若さの故か、そこそこの筋力はあった。奥多摩湖でも何でもトップギア(650Aで45×15Tぐらい?)で登ることを競っていたから、自転車は力を入れて「こぐ」ものという潜在意識が出来上がったのだろう。自転車に初めて乗ったとき、筋力がなかったら違う乗り方をしていたのかなあとも思う。いずれにせよ「回転運動」を意識して乗らないと、故障とかしそうだな。気をつけよう。今日は7歳も年下に間違われたから、まだ無理が効くかな・・・?

2007年6月16日 (土)

丸山林道

先週、雨にたたられて見送った秩父方面へのツーリングに師匠と出かけた。コースは、ときがわ町田中交差点⇒西平711⇒松郷峠⇒落合⇒定峰峠⇒長瀞の阿佐美冷蔵⇒旧吉田町の椋神社⇒小鹿野町の鹿の子⇒R299⇒丸山林道⇒高篠峠⇒西平711⇒田中交差点。

淡々と進む。本日も「穴の開いたわらじ」を発見。場所は、落合から白石車庫へ向かう東秩父村大字皆谷と大字白石の境界にある不動橋の近く。写真では見づらいが、左上の岩の右側に「穴の開いたわらじ」が吊るされている。「神送り」の祭礼に用いたものであろう。今回は納得。白石車庫で休憩しているとチーム物見山の皆様とおぼしき方々が通過。速い。当方の倍くらいのスピードか。

2007061601

定峰峠を越え、秩父方面へ下りる。途中、秩父の市街地と山並みが見える。さすがの晴天できれいに見える。下っていくと、辺りの香りが変わる。生活を感じるようになる。最初に感じたのが牛糞、次が草いきれ、そして、麦わらである。

2007061602

長瀞の阿佐美冷蔵に到着。かき氷を食べる。「本日のお楽しみその1」である。早速に抹茶あずき@600円を注文。シャキシャキと言うよりサラサラという感じ。口に含むとすぐ解ける。確かに天然氷は一味違う。うまい。量もテンコ盛りで十分すぎるほどある。

2007061603

長瀞を出発し、旧吉田町の椋神社を目指す。椋神社というと「草の乱」、「秩父事件」、「井上伝蔵」、「緒方直人」と連想が進んでいく。鬱蒼とした森の中を想像していたが意外に開けたところにある。北側には農民ロケットとして有名な龍勢の発射台?が見える。ここに来るまででトラブル発生。ケイデンスセンサーが落ちてしまった。当たるものと言えば脚しかないが、大きくずれたので、手で無理に戻そうとしたところ「ベキッ」。以降、ケイデンスの記録なし。

2007061604

埼玉県道37号線を進み、小鹿野町に入る。「本日のお楽しみその2」の鹿の子に到着。いわゆる大衆食堂的な店を想像していたが、むしろ割烹とかに近いイメージ。仕込みで忙しかったのか暖簾が出ていない。「せっかく来たのに・・・」と思いながら裏へ回るとロードレーサーがいっぱいあった。一安心。お店の指定で、というか当然にわらじカツ丼@800円を注文。桜湯が出てきたので飲む。塩の感じが丁度いい。カツ丼の分量は相当ヘビー。かなり空腹な感じで入店したが、完食できず。残すのは悪いことというイメージがあり、申し訳なく思う。この精神がメタボリックの遠因か・・・。

2007061605

武甲山を見ながらR299を走る。ポラールに、ケイデンスに続いてスピードも心拍も表示されない。トラブル発生かと思ったが、結局は、本体とセンサーを長い時間離しておいたことが原因と判明。後刻復帰した。

2007061606

>秩父市街まで出て、寄居方面か、山伏方面か悩んだが、なぜか丸山林道を選択。計画にはなかった「本日のお楽しみその3」の始まりである。傾斜は白石峠ほどではないにせよ延長10キロ以上。長い。長すぎる。もともと脚が売り切れ状態の中で、丸山林道に突入したことを悔やむが、あとの祭。前30で後ろを23や21にすると勝手に19に降りてしまう。ワイヤーの伸びが原因らしいが、なにせ初心者マーク。苦労する。結局、途中で3回ほど休む。更に西日に容赦なく背中を焼かれボロボロ。ボトルが1本しか付いていないのも敗因。通常、休めば心拍を上げられるものだが、休んでも頑張れない。あとは30×25でダマシダマシ登るしかない。七転八倒、苦節1時間43分、ついに登り切る。結果としてみれば、このチャレンジには、かなり無理があった。師匠には根気良くお付き合いしていただいた。感謝。感謝。登り切ると残りは下り。西平711で梅干オムスビを食べる。やたらとおいしかった。しかし、ヘトヘトだけど、いろいろな経験をしたツーリングであった。写真は丸山林道(正式には森林管理道)の一風景。見るからに暑そうである。

2007061607

2007年6月 9日 (土)

雨が降る前に

今日は師匠と一緒に定峰峠を越え、長瀞に下りる予定だった。しかし、天気予報は西から雨。そこで、秩父方面はあきらめて、いつもより早く出発して、物見山、仙元山、松郷峠などを走る。雨雲をかいくぐり、雨には降られずにすんだ。

仙元山から小川町の市街を見ると今にも降りそうな雲が見える。仙元山には初めて登ったが、最初の登りがきつい。そして、中盤の直線の登りもきつい。加えて、最後の平坦部もきつい? 登りは1.5キロ程度だが、10分がかりで登る。足で走った方が速い? (^^;

2007060901

続いて、ときがわ町の菖蒲園に寄る。そこそこの人出で、ヤキソバや赤飯も売っている。他に何を売っていたのか思い出せないので、食べ物以外は視界に入っていなかったことに気付く。何の草花でもそうだけど、花菖蒲って特に管理が大変そうな感じがする。管理されている皆さんお疲れ様です。

2007060902

丘の上のパン工房ARAIに寄る。今日は、カレーパンと名前は分からないが、おいしそうに見えたパンを食べる。いずれも@130円。

2007060903

2007年6月 3日 (日)

チャレンジ!白石峠

白石峠にチャレンジすることにする。

白石峠の激坂は、昨年MTBで一度登ったことがあるが、ロードレーサーで登るのは今回が初めてである。丘の上のパン工房ARAIで補給し、ときがわ町の県道飯能寄居線の田中交差点を通過し、西平711を素通りして白石峠に向かう。途中、右手にトトロが見えた。近くにはポピーが咲いていたが、すでに花の盛りを過ぎた感じであった。

2007060301

スタート! MTBで登ったときは、途中の休憩(せざるを得なかった時間)も入れて1時間20分かかっているので、とりあえずは、30分短縮して50分くらいでは行けるかななどと思いながら登り始める。よく30分を切ったとか、国体選手は20分で登るとかの話を聞くが、雲の上の話である。結果は、かろうじて足はつかずに登り切り、タイムは53分29秒。「貧脚」に変わりはないが、少しは進歩したのかな? 体力不足と技術不足だなあ。きっと。

2007060302

白石峠から定峰峠に下る。ローリング対策か、道路のところどころがアスコンで盛り上がっているので走りずらい。埼玉国体のときは盛り上がりはなかった(道路の!)のだろうと思う。定峰峠の峠の茶屋で肉うどんを食べる。@600円。一緒に出てきたフキの煮物がおいしかった。きっと、指先を真っ黒にして皮をむいて煮たのだろうか・・・などと思う。

2007060303

秩父に下りて、長瀞の対岸を走る。長瀞トンネルと荒川の間には写真のような道があった。路面は石張りになっている。対岸には長瀞の岩畳が見える。車が入れないように車止めがある。のどかにゆったり時間が流れている感じがする。来週もこの辺りを走るのだろうか。阿佐美冷蔵のかき氷を食べる計画がある。

2007060304

長瀞から寄居に行き、鉢形城に登る。大河ドラマ「風林火山」の一場面で地図が映し出されたが、「河越(現在の川越)城」などとともに記してあった。秀吉の小田原攻めまで、ここには、どんな建物があって、どんな風景だったのだろう、などと走りながら思う。

2007060305

寄居から小川町に入る。水田に麦が栽培されている。田植えの済んだ水田と、刈り取り前の麦畑が混在している。写真はイマイチだが、まさに麦秋という感じである。

2007060306

2007年6月 2日 (土)

集団走行

圧倒的に一人で走っていることが多いが、たまには集団で走ることもあるというか、初めて、CHMのツーリングに参加して集団で走る機会を得た。シャッターを切る暇などはまったくなかった。コースは、飯能市街⇒クリーンセンター坂⇒山王峠⇒倉掛峠⇒飯能市街である。

山道では、峠にかかる度に引き離されて置いていかれる。皆様には頂上で待っていてもらったり、あるいは「お迎え?」に戻って来てもらったりして、申し訳ない限り。完全に集団の足を引っ張っている。

ケイデンスを上げて走れと言われるが、力の限りクルクル回しても離されるので、ギアを落とすと、重くてこげずに離される。いずれにしても無理なことは無理。

筋力と心肺はともかく、ケイデンスをもっと上げる、あるいは重めのギアでもクルクルとこげるスキルがあるはず。きっと、もっと効率的に走れる方法があるんだろうなあ・・・・

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »