004 四方山探訪'09

2009年12月31日 (木)

2009走り納め

今日は、走り納めに行って来た。自転車はロードである。午後は風が強いとの予想で風花でも舞いそうなので早めに出発。

まずは宿谷権現堂線を目指して進む。山間の沢に入ると、やっと太陽の光が入ってきた頃で、霜がきれいである。

2009123101

宿谷権現堂線の倒木は、結局、そのまま越年した。

2009123102

なおも進んで、最も傾斜がきつい場所。以前と景色が違う感じがする。冬だから受ける感じが違うだけだろうか・・・。

ここのガードレールはおもしろい。非常に長いスパンで連結されているので、とんでもないところでカラスがとまっても音が伝わってきて分かる。今日もそうだった。

2009123103

ベストタイムの倍近い時間をかけて上りきる。ハッキリ&クッキリの景色を期待して上ってきたのであったが、ガックリ&ポッキリ(より高い所に上ろうとする気持ちの折れる音)である。なんとなく霞んでいる。

2009123104

林道中野線に入って武蔵横手駅方面を目指す。すれ違ったハイカーは単独行の中年男性ばかり3人。この辺りの杉や桧の林は良い感じであるが沢の中なので寒い。ポラールの温度計は7度であったが、もっともっと寒い感じがした。

2009123105

武蔵横手駅前を右折し、国道299号線を東吾野目指して走る。駅手前のガードである。この後、初心者マークをつけた1BOXが来たのであるが、相当にゆっくりと気を使って走っている感じだった。

2009123106

この後は、東峠を上る。峠手前からの定番の景色である。所要時間は、ここもベストタイムの約2倍である。

2009123107

県道に出てきた。普段は何気なく通過してしまうのだが、改めて写真を撮る。新寺(にってら)地蔵尊である。場所は小瀬戸(こせど)T字路脇。垂木の先端にも銅の細工がついていて、結構手がかかっているというか・・・地元で大切にされているお地蔵様という感じがした。

手前の自然石は道標で、右中藤、左名栗と刻んであるが、それ以上は良く読めない。

2009123108

県道を下る。もう一度、少し高度を稼いで日和田山及び高指山方面を眺める。

2009123109

帰路に着く。途中通過した神社やお寺では、掃除や飾りつけも済んで新年を迎えるばかりという風情であった。

2009(平成21)年、過ぎてしまったからこそ言える言葉だが、超々月並みに、アッという間の一年であった。昨年に比べ、自転車に乗る回数は激減した。自転車に費やした時間も、それ以上に激減した。それに反して増えたのが、体重、体脂肪等々、生活習慣病の危険因子である。とにもかくにも来年は、負のスパイラルから抜け出さねば・・・という感じである。

2009年12月27日 (日)

お別れポタ

今日はお別れポタにロードバイクで行って来た。

お別れといっても、誰かが転勤してお別れとか、2009年にお別れとかではなく、相手は東京電力の送電線「安曇幹線」である。

安曇幹線は、長野県の安曇地方で水力により発電された電力を八ヶ岳北麓や十石峠を越え新秩父開閉所を経由して首都圏まで運ぶ送電線である。送電線の起点は定かではないが、現時点での終点は埼玉県鶴ヶ島市に所在する「新所沢変電所」である。

安曇幹線は昭和44年生まれの40歳で、ここしばらくは新秩父開閉所と新所沢変電所の間は使われていなかったようであるが、この度、新所沢変電所と鎌北湖西側附近までの区間で鉄塔の建替え工事が行われ、西上武幹線として生まれ変わることになった。そのため、その区間の架線の取り外しや鉄塔の取り壊しが始まったのである。

ということで、鉄塔番号確認のための双眼鏡持参のお別れポタとなった次第である。

まずは鶴ヶ島市大字上新田地内に所在する東京電力の新所沢変電所である。さすがにガードが厳しい施設である。中を見ると非常に大きな碍子の類(たぐい)がたくさんあって、周囲には高いフェンス、赤外線センサー、監視カメラ等々がすごい。確かに我々の生活を支える基幹施設であるのだから、それなりの侵入防止体制が必要なのだろう。

2009122701

下の写真は変電所内にある最終鉄塔の391号である。すでに架線が外されている。この鉄塔の形には烏帽子型、万歳型、猫耳型等いろいろの呼び方があるようであるが、いずれにしても特異な形である。

2009122702

以降、若い番号に向かって走ることになる。

下の写真には389号外3基の安曇幹線の鉄塔が写っている。手前の389号の足下(あしもと)には奥多摩の大岳が見える。その昔、この山を「腰掛山(こしかけやま)」と呼んでいる方がいた。確かに北を向いて座れそうな山の形である。写真にはないが左側に雪をいただいた富士山が小さくうっすらと見えている。林立している鉄塔を消し去れば、50年近く前の非常に懐かしい景色になるのだろうと思う。

2009122703

少し西に進んで安曇幹線の連なりを見る。右側には遠く大持山、越上山などが見える。

2009122704

さらに西に進む。下の写真は383号。東側の架線のみ撤去されているので、倒壊防止のためか東側にワイヤーで引っ張られている。遠くの建物は箱根駅伝にも出場する城西大学。その後、安曇幹線は382号と381号の間で高麗川を渡る。 

2009122705

下の写真は、埼玉医科大学国際医療センターから西を写したもの。安曇幹線は379号と378号の間で八高線を跨いでいる。この写真では376号より若い番号の8基の鉄塔が見える。

2009122706

鎌北湖方面に進む。下の写真では安曇幹線370号から367号までの4基の鉄塔が見える。西上武幹線の鉄塔としては230号から227号になるものと思われる。

2009122707

鎌北湖に上る。堰堤北端の現役の丸い郵便ポストである。これは珍しいと思う。

2009122708

鎌北湖を過ぎて林道権現堂線に入らず、道なりに右に進む。やがて林道鎌北線の分岐。短い行き止まり林道だと思う。

2009122709

少し上って林道阿諏訪線起点。茅葺屋根の干し柿が良い風情である。ここを左折する。しばらくするとダートでストップ、Uターンである。

2009122710

下の写真は安曇幹線365号である。この辺りが西上武幹線の新設区間の南端なのだろうと思う。ということで、安曇幹線のお別れポタを終了。

2009122711

しかし、送電線の情報を集めるのは難しい。鉄塔番号は現地で確認して、山間部に入ると精度が落ちるがグーグル等の航空写真で鉄塔を確認するのが早い。しかし、鉄塔や架線の詳細となると、ある程度の専門的知識がないと理解できない部分が多い。
送電線を建設するには、鉄塔用地の買収、工事用進入路やストックヤードの確保、線下補償、地役権設定登記、その他自然保護、電波障害対策等々、対応すべき課題はいくらでもあって、大変な仕事だなあと改めて思った次第である。

2009年12月23日 (水)

幻の餃子

久々にお休みの休日である。ちょっと読み返してみて「お休みの休日」という表現に、自分で笑ってしまった。

忘年会も概ね終了し残りは3回。現在、体重は自己新記録。かなり身体の目に見えない部分にもダメージがあるんだろうなぁ・・・と思う。

ということで、今日は寒気をついてロードバイクで出発、と書きたいところなのだが、寒さに負けて出発はそれなりの時間になってしまったが、日影は霜で真っ白。

2009122301

最初の目的地は埼玉県川島町の越辺川(の白鳥)である。

2009122302

今度は、東松山市を経由して寄居町方面に向かう。箭弓稲荷神社の前を通る。右側の石碑には「縣社」と刻まれている。「村社」は良く見るが「縣社」は初めて見た。

2009122303

更に進む。子牛がいた。そろそろ今年の干支の出番も終わりである。

2009122304

寄居に向かった主な目的は、白鳥を見ることに加え、餃子を食べることである。男衾に入りお店に到着。

ガッッ~ン。水曜日は定休日である。あきらめる。

2009122305

やむなく、飲食店を探しながらポタリング。

2009122306

県道菅谷寄居(296号)線の荒川にかかる花園大橋から西を見る。寄居町役場庁舎や波久礼駅周辺の山、そして遠くに、双耳峰ながら、ひとつにしか見えない御荷鉾山(東)が見える。
※ カシミールで確認すると、東御荷鉾山と赤久縄山の間に白髪岩が見えているようである。

旧川本町の白鳥は、鹿島古墳群近くから河川敷に降りてしばらく歩くようなのでSPD-SLではつらい。対岸の熊谷特別支援学校方面は、堤防が舗装されていないらしいので、ロードではつらい。ということで、玉淀大橋下流のかわせみ荘近くの荒川の白鳥を選んだのである。とりあえず、左岸側から近づくことにするが、道を知らないと近づきずらいが、根性で到達。手前の川面に白鳥がちらほら見える。近づき過ぎないように、この程度でやめておく。

2009122307

いよいよお腹がすいてきた。ということで「餃子」といえばラーメン屋である。国道254号線を南に走り、玉淀大橋を渡ってしばらく走った右側の「札幌ラーメン北海道」に入る。味噌ラーメン@600円と餃子@400円を注文。美味しかった。

南進する。きれいな屋敷林を見たり、「フライ五郎作」の美味しそうな匂いを感じたりしながら進む。小川町・嵐山町・鳩山町の雑木林の中の道を走る。灌漑用の沼には氷が張っていた。確かに、先日、鳩山アメダスは氷点下6.2度だったもんな・・・と思う。

2009122308

帰路に着く。そして、なぜかクリスマスケーキである。まっ、ある意味、販売店に勤めている方への義理で予約購入したものではあるが、見慣れないものがあると嬉しいものである。

2009122309

2009年12月13日 (日)

仕事&仕事

今日は、基本的には仕事&仕事だったが、その合間、ちょっと出掛けたりもした。

その行き来で、昨日よりはボヤけていたが奥多摩や奥武蔵の山々が良く見えた。

ということでカシミール。仮の視点は入間川に架かる東武東上線鉄橋の右岸側である。

まずは奥多摩・名栗方面(クリックすると拡大)。驚いたのは雲取山がかすかに見えている可能性があること。

2009121302

続いて奥武蔵・西上州方面(クリックすると拡大)。驚いたのは浅間山が確実に見えていそうなこと。

2009121303

しかし、自転車に乗る時間がない・・・orz

2009年12月 1日 (火)

苦節2時間

今日帰宅してみると、昨日ポチッとしたカシミール関連書籍が届いていた。早速開梱。苦節2時間。どうにか使えた。

作成画像は、埼玉県深谷市(旧川本町の鹿島古墳群南側)から見た西上州の山々である。

下の写真は、先日、「武村」へ讃岐うどんを食べに行ったときに撮影した写真。

2009112807

そして今回、カシミールで作成したのが下の画像(クリックすると拡大。)である。範囲といい大きさといい、結構いいイメージである。

2009120101

いろいろと試してみたが、日向山、八倉峠、日影山は見えていなかったことが判明。しかし、なんとびっくりは、原三角測点が設置されている「白髪岩」が見えていたのである。

これは面白い(^^) 欲を言えば、もう少しサクサクと動いてくれれば言うことはないが、メモリーは目一杯増設済みだし、CPUを代える・・・・・・物欲封印である(^^;

2009年11月29日 (日)

東京スカイツリー

今日は東京スカイツリーを見てきた。と言っても、仕事で時間が取れなかったので車である。

途中、隅田川に架かる吾妻橋の東詰交差点から、「炎のオブジェ」の先端を見る。ビールのスーパードライは良く飲むが、この存在は知らなかった。

2009112901

だんだんと目的地に近づいて来た。2009(平成21)年11月20日現在の高さ(現地には現在の高さを書いた大きな看板がある)は215mとのこと。完成時は634m(語呂読みで「ムサシ」=「武蔵」)なのだそうなので約3分の1の高さというところか。しかし、とても215mあるようには見えない。加えて、心配になるほど細く見える。

北十間川に架かる京成橋のたもとのマクドナルドでハンバーガーを買って橋の上から眺めてみる。同じようなことを考えている人が非常に多い。デジカメや携帯で写真を撮っている人が20人くらいはいたろうか。

2009112902

帰路に着く。昨日に続いて飛行船を見かけた。

2009112903

2009年11月28日 (土)

讃岐うどん

今日は、建設中のスカイツリーを見に行こうかと思っていたのだが、結局、深谷市(旧川本町)に讃岐うどんを食べに行ってきた。自転車はロードである。

鳩山町の高野倉地内から笠山を見る。

2009112801

ときがわ町役場の脇を抜け嵐山町方面に走り県道69号(深谷嵐山)線を進む。嵐山町内の田圃と里山の景色である。

2009112802

さらに進んで、小川町に入る手前の沼である。いずれも秋の里景色である。

2009112803

寄居町に入るあたりで飛行船が飛んできた。なんでダイワハウスなんだ?とか思う(^^;

2009112804

深谷市(旧川本町)の埼玉県農林公園の正門前を通過。

2009112805

八幡神社である。ここを右折。何か由来がありそうな気がするが調べていない。

2009112806

振り返ると、御荷鉾山を始めとする西上州の山々が見える。八倉峠周辺の日向山や日影山は見えているのだろうか? 白髪岩はどうだろう? カシミールでも導入して調べてみようかと思う。手前の山は陣見山である。 

2009112807

埼玉県指定史跡の鹿島(かしま)古墳群である。この古墳群は説明板によれば荒川の河岸段丘上に築かれたもので、古墳時代から奈良時代にかけて、この附近が男衾郡の中心であったとか。古墳に埋葬された人たちも、上の写真の山々を見たに違いない。

2009112808

目的地であるうどん屋さんに到着。饂飩武村(旧おおにし製麺)である。小学生が使うような連絡ノートがあった。面白い。

2009112809

セルフサービスの店である。写真のうどんは大盛で@250円。天ぷらは@60円なので、都合370円である。安い、そして早い。惜しむらくは日曜日が定休日であることだろうか。

2009112810

帰路に着く。嵐山渓谷下流の都幾川を渡る。寒さを感じる風景である。

2009112811

2009年11月10日 (火)

御荷鉾スーパー林道その3

今日は八倉(ようくら)峠に行ってきた。自転車はMTBである。

上野村(群馬県多野郡)まで車で行く。車をデポしてポラールの具合を見るためMTBで走っていると、いろいろとご存知の方とお話できた。
上野村道路元標のことをお聞きすると、以前は借家の村役場が現在の道路元標の場所にあり、道路元標の位置には村の掲示板があったとのことであった。また、約40年前に村役場が現在の場所に移転したのだそうであるが、その経緯などのお話も伺えた。時間があれば、もっともっとお話をしたいところであった。
出発である。国道299号線を走り神流町境まで走る。下の写真の場所を左折する。いきなり12%の急坂が始まる。ファイナルローでクルクルと登る。

2009111001

橋倉の集落を過ぎると激坂が始まる。しばらくウリウリと登ると、下の写真のように八倉の集落が見える。建物の並び方が地形図上で印象に残っていたので、集落を見た途端に地形図が頭に浮かんだ。

2009111002

集落内の激坂である。半端ではない。さすがに乗って登ると対向車が来れば落車は確実?なので押して登る。道路右側の間知ブロックの水平が適正なら、勾配は20%程度であろうか。

2009111003

八倉林道の起点である。ここまで国道299号線との分岐から4.6キロで、獲得標高は367m、平均勾配は8.0%である。
八倉林道を走り始める。南には両神山が良く見える。1.4キロほど(平均勾配8.4%)の上りが続く。上りが終わると1.1キロほど上り下りを繰り返し、橋倉沢川に架かる作原橋(平成2年2月完成)にでる。

2009111004

下の写真は作原橋から上流を撮影したものである。

2009111005

再び上りが始まる。距離は700mくらい。平均勾配は6.0%である。到達した先は、林道七久保橋倉線との合流点である。

2009111006

林道七久保橋倉線を登り始める。きれいな林道である。

2009111007

しばらく進むと、左側に治山工事の現場が見えてきた。帰宅後調べてみると、国の施工している単年度工事で、契約額は税込み1億8,270万円である。
この辺りで山仕事している方が一休みしていた。「八倉峠までどのくらいっすか?」と聞くと、「すぐそこだよ。」との答えが返ってきた。ちょっとニヤッとしてしまった。案の定、当方にとっては『すぐそこ』ではなかった。

2009111008

八倉峠に到着である。林道七久保橋倉線に入ってから、3.3キロ、平均勾配は7.4%である。国道299号線との分岐から、11.1キロ、獲得標高805m、平均勾配7.3%、所要時間2時間27分36秒であった。石仏には『文化』の年号が刻まれていたので、この場所に200年あまりおられることになるようである。

2009111009

ここから御荷鉾スーパー林道を東に進んで、前回の到達点まで辿りつき、Uターンするのが本日の主目的である。しか~しっ、不可能&無理である。崖の脇を歩くのは不可能であるし、下の写真の右部分の伐開された部分をMTBを担いで登るのも危険すぎるし、当方の体力では無理である。いさぎよく諦める。とは言え、ここまで来たのだから・・・ということで徒歩で出発。歩いていくと、自転車を担いで行こうなんて思わなくて本当に良かったと思った。間違いなく、腰や背中を痛めていた・・・と思う。

※ 2013(平成25)年5月25日現在、八倉峠の大崩落箇所の通行止めは、迂回路の供用開始により解除されています。以下同様。

2009111010

下仁田方面への分岐である。ここを右側に進み御荷鉾スーパー林道本線を歩く。

2009111011

両側にガードレールがある場所に到着。林道は掘削して作られることが多いが、ここは盛土でできているのである。地図上ではここである。

2009111012

なおも進んで、前回の到達点に到着。下の写真とその下の写真を見比べてほしい。わずか17日間で随分と冬の様相になってしまっている。この場所は、地図上ではここである。前回は杖植峠からほとんど進んでいなかったことが分かった。八倉峠から3.4キロの地点で、歩行による所要時間は52分38秒であった。

2009111013

2009102419

Uターンである。場所によっては、下の写真のように落ち葉が敷きつめられた平坦な道が続くが、場所によっては、自家用車などで進入しようものなら亀さん確実な場所もある。以前に道路管理の車が亀さんになってしまい、携帯が通じる場所まで歩いて下り、助けを呼んだとのお話を伺ったことがある。廃道化が進んでいる感じである。
また、辺りには動物の気配を感じさせるものが多い。鹿の声は良く聞こえるし、動物の足跡や糞などの痕跡も多い。

2009111014

自転車を担ぎ上げられる可能性のあるもう一つの場所の写真である。ここ数日で伐採が行われており、自転車を担いでの歩行は勾配から見ても難しそうである。タイヤを外して自転車を荷物として背負うのなら可能性もなくはない・・・程度であろうか。そこまで行くとサイクリングの領域は確実に超えている。

2009111015

下の写真は、八倉峠の反対側から崩落箇所を撮影したものである。崩落の様子が分かるが、この写真には写っていない右(あるいは、北または下)側の部分の崩落部分の面積はかなり広い。

2009111016

デイキャンプの真似事をして、御荷鉾スーパー林道を西に進む。

2009111017

日影山の南側を巻いて上野村に入る。写真では見えないが送電線の鉄塔がはるか彼方の稜線にあった。送電線の鉄塔の形から、ぶどう峠及び十石峠方面を眺めていたものと思われる。

2009111018

気持ちいい下りが続く。本日、もっとも軽快に走れた場所ではあるが寒すぎる。3UPウインドブレーカーを脱いで、ゴルフ用の薄めのダウンジャケットを着る。暖かい。コンパクトにしまえるし、かなり重宝である。

2009111019

林道住居附(すもうづく)線との分岐である。ここを左折し住居附線に入る。

2009111020

この林道は面白い。この写真のとおり、なんと下りの勾配が小数点以下第2位まで表示されているのである。具体的には11.95%の下りである。小数点以下第2位までの表示は、この他に数箇所あったように思えた。

2009111021_2

約8キロの道を下って国道299号線の旧道に出て来た。ちょっと下って上野村道路元標のある辺りの旧道を西側から撮影したものである。風情がある。

2009111022

上野村役場附近である。その後デポ地に戻り帰路に着く。

2009111023

車からの撮影したスカイブリッジである。

2009111024

鬼石まで下って、桜山温泉センターで風呂に入る。入浴料600円、タオル200円である。
その頃、前回同行していただいた師匠から、熊と遭遇していないか、あるいは骨折して動けなくなっていないかを心配して?メールをいただいた。ありがたいことである。

これにて、今年の御荷鉾スーパー林道探訪は、終了(の予定)である。

2009年11月 7日 (土)

上野村道路元標

遠出して、かつ自転車に乗るには不足だが、少しは出かけられる時間を作った。

車で出発。目的地は群馬県多野郡上野村である。旧鬼石町経由で行くことにする。仲町交差点で鬼石町道路元標を確認。

2009110701

国道462号線を西に進む。下久保ダムを過ぎ、神流町役場を過ぎ、さらに西に進む。紅葉がきれいである。日はすでに西に傾いている。辺りには「かんな Mountain Run & Walk」の幟が数多く立っている。

2009110702

上野村に入る。上野村役場へ続く旧道に入り、役場北西の橋の袂を過ぎた辺り、今井屋旅館の向かいに上野村道路元標があった。なぜか天面が凹んでいる。初めて凹んでいる道路元標を見た。なぜだろう。周囲の状況から、雨だれ・・・、何かの台に使われた・・・いろいろと想像できるが詳細は不明である。近くには明日の消防団の連合特別点検の準備でもあるのだろうか、ハッピを着用した消防団員が多くおられた。その方たちに聞いてみれば分かったかもしれない。

※2013(平成25)年8月12日追記:昨日、吾妻郡「中之條町道路元標」を探訪したところ、上野村道路元標と同様に天面に凹みがあることが分かりました。群馬県内の他の道路元標と比べることで謎が解けるのかもしれません。

2009110703

裏に回ると面白い。「群馬縣」と刻んである。鬼石町道路元標は・・・左右は確認したのだが裏面は見てこなかった。うっかり・・・である。もし、多くの道路元標の裏面に「群馬縣」と刻んであるのなら、設置時に群馬県が積極的に関与していた証左となるのかもしれない。

※2009(平成21)年11月10日追記:再訪調査の結果、鬼石町道路元標の裏面には、文字は刻まれていないことが確認できた。

この道路元標のある位置から少し西に進んで右折し、住居附沢川沿いを登れば御荷鉾スーパー林道にたどり着くことができる。「住居附」は国土地理院の地形図では「すまいづく」と仮名が振ってあるが、本日、地元の方に訊いたところでは「すもうづく」である。

2009110704

不二洞近くのスカイブリッジまで足を伸ばしてみる。下の写真は吊橋の中央から北側を撮影したものである。写真中央下部、日影になった谷の中の建物は上野村役場。中央を左右に走る送電線は十国峠方面から来た送電線(安曇幹線1号線?)。右に大きな山容を見せるのが高反山(たかぞりやま1,130.6m)。そして、遠景の最も高い山が日影山(ひかげやま1,406.6m)である。つまり高反山の稜線と重なる辺りが、八倉峠ということになる。遠い・・・。

2009110705

帰路につく。上野村から神流町に入った辺りの写真である。暗くなりかけていたが割りときれいに撮れている。ここを左折していけば、橋倉川沿いを走り、八倉林道に続いて七久保橋倉林道を登り八倉峠にたどり着けるはずである。

2009110706

国道462号線を下り始めると前に軽トラがいる。道を譲ってくれない限り前には出られない。結局、多くの車が一列棒状になって鬼石まで一緒。疲れた。もう真っ暗である。長瀞経由で寄居に出て国道140号線のパイパスを走り帰宅。

2009年11月 1日 (日)

八倉峠探訪計画

サイクリスト皆様のブログを拝見していて、西上州の八倉(ようくら)峠周辺の紅葉を、天気の良い日に見たくなった。

八倉峠の北東側の御荷鉾スーパー林道は、2007(平成19)年9月7日の台風9号により大崩落を起こし未だ通行止めとのことで、ブログ情報等を参考に色々と調べているうちに、だんだんと状況が把握できてきた。

※ 2013(平成25)年5月25日現在、八倉峠の大崩落による通行止は迂回路の供用開始により解除されています。

下の地図で、八倉峠(A地点)に行くには、恐らく地点が大崩落の箇所と思われるため、東(北)側からの自転車走行でのアプローチは不可能である。

走行可能なルートは2つあって、南側からのアプローチは、塩ノ沢峠から桧沢峠を経由し日影山(1406.6m)を南側から東側に巻くルート。もう一つは、八倉峠の東(南)側からのアプローチで、神流町の国道299(462)号線の尾附(おづく)を出発して橋倉川沿いを走り、八倉林道に続いて七久保橋倉林道を登るルートである。これら2つのルートは、どちらもロードバイクでの走行が可能のようである。

2009110101
この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである。

一方その後の当方の調査では、神流町側の七久保橋倉林道を利用しては、国道299(462)号線の神ヶ原からは大規模な法面崩落により、実際には八倉林道との合流点に到達することができないものの、下仁田町側からは七久保橋倉林道終点(大崩落現場の東側)に(道路状況は把握できていないが・・・)行けるということである。以上のことから大崩落を起こしているのは下仁田町側の七久保橋倉林道終点と、それより西側にある神流町側の七久保橋倉林道終点(八倉峠)の間の御荷鉾スーパー林道ということになる。以上のような解釈で、みかぼ森林公園にあった掲示の内容が理解できた。

※2010(平成22)年10月12日追記 追記月初旬現在、当方の調査結果では、大規模な法面崩落のため、神流町側の国道299(462)号線の神ヶ原から、七久保橋倉林道のみを利用して八倉林道との合流点には到達できず、林道管理者により通行止の規制がなされている。(2012(平成24)年5月初旬現在、この通行止は解除されています。)

ということで、東側(日向山北面)方面から御荷鉾スーパー林道を来た場合、B地点の鞍部からA地点(八倉峠)までスーパー林道南側のコブが2か所ある尾根をヤブコギすれば通過できなくはないのだと思う。大崩落以降に登山をされた方のブログではヤブコギをして通過したとの記載のあったものがあった。

2009110102
この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである。 

そうは言っても、机上の調査だけでは現地で通行止めになっている事態もあり得るし、熊の出没などもあり得るしで・・・色々と検討をしてみても、八倉峠周辺で今年の紅葉の盛りを見ることは、かなり難しそうである。雪と氷に出会う前の間隙をついて、雪をいただいた山々を遠景に冬枯れの山を見ることはできるかもしれないが・・・。

まっ、八丁峠も残っているしで、先の楽しみには事欠きそうもない (^^)

より以前の記事一覧